無料ブログはココログ

« 新聞紙 | トップページ | 尺貫法 »

2006年1月15日 (日)

裏面材

Photo_12 こちらが畳の裏面材です。昨日の畳の写真はワラがむき出しの状態で敷きこまれていましたが、こちらはブルーのシートが畳の裏側に張り付けてあります。このようなシートが床下からの湿気を新聞紙の代わりに遮断してくれます。したがって床板の上に直接に畳を敷くことができるのです。

この裏面材のシートは紙にポリプロピレンをラミネート加工したものです。防湿の効果は新聞紙に比べかなり長く持続します。シートを製造するメーカーがいくつかあり、ブルー以外に白や赤のシートもあります。性能は色によって変わることはありませんがラミネート加工が細かく施されたものが優れている模様です。この他、天然素材の裏面材も扱っており施工例が出てきましたらご紹介したいと思います。

このように湿気は畳の下でシャットアウトすることができる反面、床板が湿っていることがあります。湿った床板は柔らかくなって踏むとたわんでしまいます。床のへこみが床板によるものなのか畳のへたりによるものなのか見極めるためにときどき畳をまくってみたいものです。以前にご紹介した空き缶利用の畳乾燥法も是非お試しください。

人気blogランキングへ

« 新聞紙 | トップページ | 尺貫法 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21914/351860

この記事へのトラックバック一覧です: 裏面材:

« 新聞紙 | トップページ | 尺貫法 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック