無料ブログはココログ

« 畳表の保管 | トップページ | ひのき畳 »

2006年1月27日 (金)

シロアリ被害

Photo_24

畳替えの当日、シロアリが発見されるとパニックに近い状態になります。こちらの写真はシロアリに食い荒らされた畳です。

・・・・・無残。

状況からすると畳寄せ(畳のまわりの木)から進入したシロアリが畳の側面を食べていったところです。当然畳寄せにも被害があり、隣接する床板や畳寄せも取替え工事が必要です。こちらの例は畳の側面のみの被害で早期発見できた部類に入りますが、畳表やヘリは側面で縫い付けられていますので残念ながらこの畳はもう使用できません。進入経路はだいたい側面から侵入して内部に進行し、表面の畳表に達する道順ですので畳をまくらない限り発見は困難といえます。

対策としては定期的に畳をまくることです。こうすることによって湿気を取り除けますし、早期発見にもつながります。シロアリは湿気のある場所を好みますので、床下や畳に湿気があると被害に遭いやすくなります。それから畳自体をシロアリに食われにくい素材にすることも考えられます。明日の投稿にてご紹介する予定です。

とりあえず点検はお早めに!

人気blogランキングへ

« 畳表の保管 | トップページ | ひのき畳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21914/525025

この記事へのトラックバック一覧です: シロアリ被害:

« 畳表の保管 | トップページ | ひのき畳 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック