無料ブログはココログ

« ついでに・・・ | トップページ | Joeのある風景”フラワーショップ編part2” »

2006年2月17日 (金)

埋め立て処分場

Photo_40 畳一の住んでいる自治体には埋め立て処分場がある。毎日たくさんのトラックがやって来て大きなゴミを捨てて行く。まわりを見渡すと解体さたれた建築廃材や植木屋が切った枝のかたまりが目立つ。古畳や古ゴザもちらほら目につく。

畳一も時々この埋め立て処分場に古畳を運んでいます。昔の職人に聞くと

「昔はよく近くの畑に積んでおくように頼まれたものだ。そのまま堆肥になってしまうので畑の人に喜ばれたものだよ。」

「今じゃ誰も古畳を欲しがらないなぁ。」

最近は畳床を縫う糸がナイロンになったため堆肥になりにくいそうだ。

「そういえば畳のゴミなんかも河原の土手で燃やしたものだ。」

消防法の改正で今、野焼きをするとすぐに消防車がとんで来る。畳を取り巻く環境はかなり変化したと思う。畳だけ特別扱いする法律がないのであたり前なのだが・・・。ちなみに市の見立てではこの処分場はあと3~4年でいっぱいになってしまうとの事だ。

嗚呼、古畳の行方よ何処へ?

人気blogランキングへ

« ついでに・・・ | トップページ | Joeのある風景”フラワーショップ編part2” »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21914/739604

この記事へのトラックバック一覧です: 埋め立て処分場:

« ついでに・・・ | トップページ | Joeのある風景”フラワーショップ編part2” »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック