無料ブログはココログ

« 拝敷 | トップページ | 交流会 »

2006年2月24日 (金)

正直者は・・・

「正直者がバカをみる。」

先日とある工務店の新年会でとなりに座っていた左官職人が元請の社長に向ってこう切り出した。

「俺はこれまで仕事だけは真面目にしてきた。なんでこんな世の中になったのか?」

要はいい仕事さえしていればお客のほうがついてきたということらしい。確かにうちの親方の時代では「いい家を作るにはいい職人さんに来てもらいたい。」というニーズがあった。

ところが時が経つにつれ状況が一変した。職人がこだわるやりたい仕事、つくりたい家はお客様が建てて欲しいと思う家ではなくなった。この手の職人が作りたいものは手が込んでいて普通の人にとっては過剰装備である。とにかくこだわるので工期もコストもかさんでしまう。要するに職人の自己満足を追及した高額な建物が出来上がってしまうのである。価値のわからないものに誰がお金を払って手に入れたいと思うだろうか?

今さらこの左官職人は意識改革できないだろうなぁと思って黙って聞いていました。しかしながら自分の父親と同年代の彼をすごく悲しくも感じた出来事でした。

人気blogランキングへ

« 拝敷 | トップページ | 交流会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21914/810242

この記事へのトラックバック一覧です: 正直者は・・・:

« 拝敷 | トップページ | 交流会 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック