無料ブログはココログ

« 麻の裏面材 | トップページ | チルチンびと »

2006年2月 9日 (木)

減農薬畳表

Photo_36 近頃、自然素材を使った住宅が北陸でも見かけるようになりました。アレルギーやアトピーで苦しむ患者さんだけでなく天然志向で昔ながらの家づくりを求める人たちに人気があるようです。

このような住宅では畳も当然に厳選されたものが使用されています。このとき使った畳表が「減農薬畳表」です。読んで字のごとく減農薬栽培されたイグサで織られた畳表で、その基準は通常使用される農薬の50%以下で栽培されたものとされます。

そして、最近は着色畳表が出回っていますが、自然志向の家では着色畳表は自然という定義から外れる模様です。着色畳表とはイグサの色をよく見せかけるために緑色の顔料を付着させたものです。その畳をティッシュペーパーでこすると緑色の粉が付きますので簡単に見分けることができます。一方、無着色で織られた畳表は天然の泥だけで乾燥処理され、ティッシュが緑色になることはありません。もちろん「減農薬畳表」は無着色で織られており、自然の恵みだけで作られた健康志向の畳表です。

人気blogランキングへ

« 麻の裏面材 | トップページ | チルチンびと »

コメント

最近では減農薬・準有機栽培・無着色は当然になりつつありますね。
時代の流れでもあるのでしょうね。

せいさんへ
減農薬はこれからもっと増えてくるんでしょうね。北陸ではいちおう私が先駆者的な存在となっています。ところで準有機栽培とはどのようなものでしょうか?

おお!!
減農薬表の先駆者でいらっしゃいますか。
志が高いデスネ(^^)
何年前からですか?
私は7~8年前から減農薬をやっとります。
エコファーマーなどの基準で殺虫剤などは5回まで農薬を散布していいとなっていますが、それでも甘いと思います。
研究会では1回~3回なんですよ♪
それだと25%以下なのかな?
そういう%での計算したことありませんが。

準有機栽培は堆肥や有機肥料を主力とした土作り、肥料設計したものを言います。
「準」という言葉がつくのは規定があってなかなか「有機栽培」とはいかないからです。
大気や隣の田んぼまで対象となるからです。

せいさんへ
そんなに大げさなものではないですよ
こちらの地域ではまだまだ意識が低いと思われます。私の知っている畳屋さんの中では誰も取り組んでいませんので密かにやらせていただいています。どうか内密に^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21914/658826

この記事へのトラックバック一覧です: 減農薬畳表:

« 麻の裏面材 | トップページ | チルチンびと »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック