無料ブログはココログ

« 今シーズン最後の冬景色 | トップページ | 技能検定の合否を決めるのは自主練習 »

2006年3月31日 (金)

畳製作一級技能士の願書の用紙が届きました

仕事を終え、家に戻ると畳一宛てに大きな封筒が届いていました。

中を開けると畳製作の技能検定の申込書が入っていました。なんだか受験生の気分になってしまいました。いよいよ今日からスタートです。といっても明日から毎日練習をするわけではないのですが・・・。

数年前に二級技能士を受けた時は受験生が少なく受かるための検定になっていました。検定の前に実技の講習会があったのですがレベルの差が開いていたので一番低い人に合わせたカリキュラムに切り替えられました。畳床が硬いと難易度が高くなるということでだんだん柔らかい床になっていったときはラッキーでした。今回もそうならないかと密かに願っています。

今のところ余裕半分、緊張半分の畳一でした。

人気blogランキングへ

« 今シーズン最後の冬景色 | トップページ | 技能検定の合否を決めるのは自主練習 »

コメント

さすが、畳一さん!!
私はちょっとあせっています。
まだまだ課題が多いからです。
地道に練習するしかないですね。

まつ様
本当に練習あるのみです。
以前は同年代のライバルがいて燃えたのですが、今回は誰か標的になる相手が出てきますかな。それも楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21914/1231773

この記事へのトラックバック一覧です: 畳製作一級技能士の願書の用紙が届きました:

« 今シーズン最後の冬景色 | トップページ | 技能検定の合否を決めるのは自主練習 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック