無料ブログはココログ

« 朝日新聞に畳の記事が | トップページ | カーネーションとフリージアと小花台 »

2006年3月17日 (金)

左官屋と畳屋

Photo_62 今日の午後の出来事。

とある新築現場に着くと、左官屋のおやじが和室の真ん中にバケツとこてを広げて陣取っていた。

畳一 : 「畳の寸法取れますかね?」

左官屋 : 「もう少し早く来いよ。養生してしまったぜ。」

畳一 : 「うっ、・・・・。」

左官屋 : 「バケツ少しどけてやれよ。」

(なんだ、やってもいいのか^_^;)

と、よくある光景である。住宅の建築工事は分業と協業によってなりたっている。着工から竣工までじつにさまざまな人間が現場に出入りする。まあ、これはあたりまえすぎるのでこれくらいにしておこう。

ただし、一般の方は壁の塗り替えと畳の張替えを計画される時にご注意があります。壁の塗り替えには大量に水分を含んだ左官材が使われます。これを壁面に塗ることによって水分が発散する表面積が広がります。この湿気を新しい畳表が吸い込むと、表面が波打ったようにたるんでしまいます。そして、いったんたるんだ畳表は乾いた後に元通りになることはありません。

一番よい対策は壁が完全に乾燥してから畳工事に移ることである。つまり、左官工事⇒畳工事の順で段取りをすることである。もし、和室のリフォームを計画される機会があったら思い出していただきたい。

話の展開としては左官屋と一悶着あったほうが盛り上がったのだが、いずれ”畳一Vs左官屋”の投稿があるかも・・・

人気blogランキングへ

« 朝日新聞に畳の記事が | トップページ | カーネーションとフリージアと小花台 »

コメント

他の業者さんの仕事といっしょになる事ってたまにありますよね。相手に気を配りながらお互い気持ちよく仕事ができるよう努めています。

畳一さんは寸取りは機械ですか?それとも糸を張りますか?この状況だと糸では難しそう。

僕もありますよ *_*
完了検査に行ったら左官屋さんが外構の土間コンをコテ押さえしていて、玄関に入れず、「入れませんかねぇ?」って言ったら「バカヤロー、足跡付くじゃないか」って叱られました *_*
勝手口から入りましたが、しばらくして役所の人が来て、同じように叱られてました ^_^;

Kenさま
畳一の店では機械で寸法を測っています。最近は小型化されて便利になりました。

--------------------

seiさま
左官屋は恐い人が多いから要注意です。もちろんそうでない人もたくさんいますが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21914/1073149

この記事へのトラックバック一覧です: 左官屋と畳屋:

» 玄関に妙なしるし、ついていませんか? [悪質リフォームから守れ]
一度引っかかったお宅は 目を付けられやすいので 注意してください。 例えば、過去にシロアリ駆除の 訪問販売などをされた方などは 玄関の所にワッペンなんか貼ってる 様でしたら それを見てきますし 外回りのものですとメーカーも 見れば分かりますから再び..... [続きを読む]

« 朝日新聞に畳の記事が | トップページ | カーネーションとフリージアと小花台 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック