無料ブログはココログ

« 金沢のおすすめスポットは”ひがし茶屋街” | トップページ | ”キャスター受け”として作った小畳が思わぬ方向に »

2006年4月28日 (金)

”きおり”は和紙素材畳の先駆け

016今日は ”きおり”というヘリ無畳用の畳表です。

素材が和紙のため、日焼けによる褪色が少ないのが特徴です。ライトグリーンとベージュの2色があります。(写真はライトグリーン)

それから、カビやダニの発生を抑え、アレルギーやアトピー性皮膚炎の方でも安心してご使用できます。

最大の特徴は折り曲げ加工がしやすく変型畳やバリアフリー畳(薄畳)の施工に適しています。メーカーでは製品の廃版を検討している模様ですが、やさしい色合いや曲げ加工のしやすさで根強い人気があります。

Y 写真下はラウンド形状に加工した”きおり”です。このような形に容易に加工できるメリットもあります。

ひとつだけデメリットを挙げますと食べこぼしによる汚れをふき取りにくく染みになりやすいことです。飲み食いしないお部屋にはお薦めできる商品です。

人気blogランキングへ

« 金沢のおすすめスポットは”ひがし茶屋街” | トップページ | ”キャスター受け”として作った小畳が思わぬ方向に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21914/1597368

この記事へのトラックバック一覧です: ”きおり”は和紙素材畳の先駆け:

« 金沢のおすすめスポットは”ひがし茶屋街” | トップページ | ”キャスター受け”として作った小畳が思わぬ方向に »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック