無料ブログはココログ

« 雨漏れで畳が腐る前に | トップページ | いらなくなった畳はどこへ処分すればいいの? »

2006年4月 7日 (金)

茶室の畳には皆名前がある

Photo_80 <茶室に敷く畳は炉の構え方と関係があるので、炉の位置によって畳の敷き方が決まってくる。また、畳が敷かれる位置によって皆それぞれに名前が付けられている。床に用いる畳は「床畳」、床の前に敷く畳を「貴人畳」、一般の客が座るところに敷く畳を「客畳」、茶道口に接して亭主が茶事の際に踏み入る畳を「踏込畳」、茶事の際に点前を行うところの畳を「点前畳」、炉の切ってある畳を「炉畳」とそれぞれ名付けられているのである。>

出典:『畳のはなし』

写真上は「綾波」を敷きこんだ茶室である。変わった要望だと思っていたがインテリアとしてはきれいに仕上がった。ただし、茶道の点前は”畳の目”が目印になっていると聞くが、「綾波」には目がないのである。そういうわけで「畳の目が無いぞ。」というクレームが来ない事を祈るばかりである。

最終手段はマジックで線を書いちゃいますよ

人気blogランキングへ

« 雨漏れで畳が腐る前に | トップページ | いらなくなった畳はどこへ処分すればいいの? »

コメント

へぇ~
最近は茶室にも綾波を選ばれるお客さんがいるんですね。驚きです。(^^)

まつ様
なんでもありになっちゃいましたね。
なにぶん茶道の知識に乏しいのでアドバイスしようがないのです^_^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21914/1315846

この記事へのトラックバック一覧です: 茶室の畳には皆名前がある:

« 雨漏れで畳が腐る前に | トップページ | いらなくなった畳はどこへ処分すればいいの? »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック