無料ブログはココログ

« 畳に見る”京都と金沢の違い” | トップページ | 第142回かなざわ史跡コンサート »

2006年5月27日 (土)

「この畳の段差直るかしら。主人が言ってたんだけど。」

先日、畳替えして暫く経ったお客さまからお電話をいただきました。

畳がへこむ所があるので、見に来てほしいという依頼でした。さっそく、そのお宅に伺うと60代くらいの奥さまが事情を説明してくれました。

奥様 : 「この部分の畳が柔らかくて、歩くとへこんでしまうのよ。こんなに早くヘタってしまうものかしら?主人が気になっているらしいのよ。」

畳一 : 「ちょっと畳をまくって見てみますね。」

奥様 : 「なんとか直ります?」

畳一 : 「このヘコミは床板が原因ですね。この部分を踏むと柔らかいでしょ。今日はヘコム部分にゴザを入れておきますね。もしこれで気になるようでしたら床板を取り替えてください。」

奥様 : 「これでさっきより大分よくなったみたいね。こんなことで呼び出したりしてゴメンなさいね。主人がどうしても見てもらいようにってうるさくて・・・。」

畳一 :「どういたしまして。これからも何でも気になることがありましたら相談してくださいね。」

この件に関しては比較的簡単に解決できました。そしてこの年代の奥様にある共通点を発見することができました。クレームを付ける時にご主人を引き合いに出す傾向があります。おそらく本人が気になっているんだなって思われる問題をご主人が言っているかのように話してきます。

「主人が言ってたんだけど・・・。」が出たら要注意です。この言葉を話す奥様ほど主導権を持つことが多い模様ですね。

西田畳店のページへ

人気blogランキングへ

« 畳に見る”京都と金沢の違い” | トップページ | 第142回かなざわ史跡コンサート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21914/1965055

この記事へのトラックバック一覧です: 「この畳の段差直るかしら。主人が言ってたんだけど。」:

» わたしの商材にけちをつけた方に [インターネットでこれだけ稼いだよ!]
いつも応援コメント、トラックバックありがとうございます。 わたしの商材に苦情というか、文句というか、けちをつけてきた方が… [続きを読む]

« 畳に見る”京都と金沢の違い” | トップページ | 第142回かなざわ史跡コンサート »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック