無料ブログはココログ

« 今週は検定仕様で完成したのは一枚でした | トップページ | ”泥上げ”で側溝をリフレッシュ »

2006年5月20日 (土)

応急手当普及員の認定証が届きました

Photo_113 3月12日の投稿で電気ショック(AED)による応急手当の方法をご紹介しました。この日の講習でまた3年間を応急手当普及員として活動することができるようになりました。

その認定証が今月になって手元に届きました。普段は誰かに見せたり、提示を求められるものではありませんが大切に保管しております。

応急手当普及員の主な仕事は町会や会社などの団体から普通救命講習の依頼を受けたときに講習に指導員として参加することです。参加者10名あたり1名の指導員が必要とされますので、30名ほど集まれば3名の普及員が指導にあたります。昨年より電気ショック(AED)の使用が認められていることから今年は講習の依頼が増えるのではと予想しています。

今年になってAEDによって人命が助かったニュースを時々聞くことがあります。こんなニュースが増えるといいですよね。

よろしければ人気blogランキングにご協力ください

« 今週は検定仕様で完成したのは一枚でした | トップページ | ”泥上げ”で側溝をリフレッシュ »

コメント

AEDは去年の愛・地球博で初めて知りました。学校などで配備されてると聞きましたが、どんどん普及してくるのでしょうね。それには、使い方がわからないといけません。

たかし様
まずは学校などの公共機関に配備される見通しです。それから畳一達の講習会に参加していただくと普通救命講習修了証が交付されます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21914/1869814

この記事へのトラックバック一覧です: 応急手当普及員の認定証が届きました:

« 今週は検定仕様で完成したのは一枚でした | トップページ | ”泥上げ”で側溝をリフレッシュ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック