無料ブログはココログ

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

板入れ手縫い畳の敷き込みに行きました

2006_07310101 今日の午後は技能検定の練習用の畳として発注してくれたW氏邸へ敷き込みに行ってきました。M氏邸に続いて2邸目の納品となりました。製作は終わっていましたが日程が合わずに今日まで敷き込みが伸び伸びになっていました。ちょうど昨日梅雨明けを迎えたということで絶好の畳替え日和になりました。

敷き込み中は小学生のお子様が興味深げにながめていました。畳替えは初めての経験だったということで夏休みのいい思い出になったのではないでしょうか?

検定、敷き込みともに無事終えることができ今日は一先ずホッとすることができました。出来栄えはというとやはり不陸がいくつか発生していましたので丁寧に不陸調整させていただきました。ちなみに寸法的には隙間なく敷き込みできました。

今回、畳を発注してくださったW氏とそのご家族には大変感謝しています。本当にありがとうございました。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月30日 (日)

畳一級技能検定学科講習会を金沢職人大学で受講しました

Photo_175 昨日の夏祭りの疲れが少し残る体を鞭打って技能検定の学科講習会に出席しました。深夜の帰宅で予想通りの睡眠不足に陥ってしまいました。

講習会では過去問題を中心に解説を交えながら解いていくものでした。二年前にJIS法が改正されているとのことで最近はJIS法の改正点が出題傾向にある模様です。

JIS法では畳床の寸法や材質、質量にいたる規格が事細かに定められています。かなり多くの数字を暗記しなければJIS法にまつわる問題を解くことが出来ません。さらに二級技能士の時から同法の改正がなされており、数字の混同に注意を払わなければなりません。

問題は50問で”サービス問題”がある反面、”ひっかけ問題”がいくつか出題されるとのことで問題をじっくり理解しなければならないとの事でした。

なんだか久しぶりに受験生になった気分になりましたね。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月29日 (土)

雨の夏祭り

Photo_174 今日は午前中から夏祭りの準備に取り掛かっていました。夜半より降り続いている雨の中で会場の設営をしました。

雨の夏祭りは最近では全く未経験でしたので準備に手間取りました。ところが夏祭りが始まる午後になって雨がすっかり上がっていました。

青年部が担当するたこ焼きの模擬店は暑さとの戦いでもあるので小雨や曇りの天気ならば大歓迎です。午前中の雨で気温もあまり上がらなかったので体力はかなり温存できたと思います。おかげで目標だった400食はなんとかクリアすることができました。

終了後に焼肉で打ち上げをしていたので投稿が少し遅れてしまいました。明日は畳検定の学科講習会が予定されていますので時間通りに起床したいと思います。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月28日 (金)

畳一の小畳が置いてあるお店が一つ増えました

Photo_173 こちらは金沢市福久町にある「伸栄館」という酒屋さんです。

カウンターに日本酒を並べるのに畳一特製の小畳を使っていただきました。

お店の特徴は日本酒に特化した商品構成で、酒蔵をイメージしたインテリアイメージになっています。銘柄も石川県の「池月」と佐賀県の「東長」の二種類のみとなっています。「東長」に関しては3月19日の投稿でご紹介させていただいていましたのでご参照くださいませ。

このお店の若旦那の瀬戸伸夫くんとは友人で畳一にブログを薦めた一人でもあります。「日本酒みじん切り」というタイトルで日本酒にまつわるエピソードや豆知識を紹介しています。お店では元気な接客でお客様の心をつかむ気配り上手な瀬戸くんです。ブログもみんなで応援していきましょう。

http://sake1.weblogs.jp/blog/

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月27日 (木)

明後日の夏祭りで出店するたこ焼き屋の予行練習

2006_07270090 畳一が所属する森本商工会青年部では地元”北金沢夏祭り”にてたこ焼きの模擬店を出店します。その予行練習に先ほどまで集まっていました。何とか当日中の投稿に間に合いましたね。

たこ焼きは夏祭りの人気メニューでいつも祭りの途中で売り切れています。当日は日光と鉄板の熱でかなりハードな一日になります。今年は梅雨明けが遅れているので逆に雨が心配ですね。

出店は今回で3回目ということで練習は本日のみでした。さすがに何人かはプロ並の腕前になってきたようです。

味には自信が持てるようになってきたので、今年も目標の300食をクリアできればと思っています。あとは皆で晴れることを祈っております。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月26日 (水)

拝敷(はいしき)は畳表を正方形に切って作ります

Photo_172 今月に入って久しぶりに拝敷の注文が入りました。納期は決められていませんでしたが5枚作ってほしいとの事でした。在庫を見ると一枚だけ残っていましたので足りない4枚は畳一が作ることになりました。

作ることになったのはいいのですが畳一級技能検定の練習を優先させてしまったので今日まで全く手付かずになっていました。

さすがにやばく感じて本日一枚だけ作ってみました。写真は製作中の拝敷の裏面です。使用中は見えませんが裏面もきれいに縫ってあります。

尚、完成品は2月23日の投稿を参照ください。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月25日 (火)

加賀れんこんで生活習慣病を予防しよう

Photo_171 畳一が住んでいる金沢市北部地区は加賀野菜で有名な「加賀れんこん」の栽培が盛んです。先日、とあるセミナーにて”JA金沢市れんこん部会”の横野 裕幸氏の講演を聴く機会があったのでご紹介したいと思います。

来月からいよいよ収穫がはじまるとのことで茎の高さは人の背丈よりかなり高くなっています。2メートル以上になっていると思います。

加賀れんこんの特徴はコレステロールの低下に効果のあるポリフェノールの含有量が豊富なことです。ポリフェノールのほか、ビタミンCや食物繊維が豊富な加賀れんこんを効果的に摂取することにより生活習慣病の予防になるということです。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月24日 (月)

畳一級技能検定実技の部が無事修了しました

Photo_170 昨日の投稿で告知させていただいていた石川県の畳一級技能検定がありました。写真は昼食休憩時に会場を撮影したものです。

今日は午前中から雨が降る少し肌寒い一日となりましたが、検定を受験者にとってはちょうどよい気温になりました。例年は酷暑の中で汗だくになりながら畳を製作しています。

今日は2級が2人、1級が5人のメンバーが検定を受けました。定刻になり製作が開始されました。しばらくして他のメンバーを見渡すといつもより早いペースで進んでいました。2ヶ月前の講習会では畳一が一番早く仕上げたこともあるのに今日のペースは一番ビリになっていました。結局最初の遅れを取り戻すことができずに一番最後に仕上がることになりました。検定では時間制限が設けられており、仕上がりのきれいさや正確さだけでなく作業のスピードも要求されるのです。

幸いオーバーしたのは5分でしたので時間オーバーに対する減点は最小限に抑えることができました。本来ならば涼しい気温が幸いして時間短縮するべき検定日だったのですが、検定中に12回も携帯の呼び出し(マナーモード)があり、集中力を欠いていました。全てのお客様に検定だということを伝えることができなかった結果です。本来ならばありがたいお客様からのお電話ですので集中を欠いたのは自業自得ですね。もっとも検定自体も自分の技術を磨いて品質を上げるのが目的ですから、顧客満足につながる第一歩なのです。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月23日 (日)

畳一級技能検定前日は体調管理と体力温存に努めます

石川県では明日はいよいよ畳一級技能検定が行われます。

約4ヶ月間の練習の成果が試されます。この間20枚の畳を手縫いで仕上げてきました。前日の今日も一枚作ってみようとも思いましたが、明日に備えて体調管理と道具の確認に徹します。

今さらジタバタしても仕方がありませんからね。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月22日 (土)

畳を敷いたコインランドリー

Photo_169 コインランドリーの内部です。

フロア全体に畳が敷きこまれています。広さは20帖くらいあり洗濯機は10台くらい設置されていました。

外からは普通のコインランドリーに見えましたが中に入ってびっくりでした。お座敷列車は見たことがありましたがお座敷コインランドリーは初めて見ました。

敷きこまれているのは和紙素材の畳表で「清流」や「綾波」だと思われます。グリーンとベージュの二色をうまく配置して明るい空間になっていると思います。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月21日 (金)

KY(ケイワイ)なるものの研修に参加しました

今日は午後からとあるハウスメーカーが開催する「KY(ケイワイ)」研修に参加していました。そういうわけで畳の話は一日お休みになりますが、安全についてお付き合いいただければ幸いです。ちなみに「KY」とは”危険予知”の頭文字だそうです。

研修ではいろいろな職種からそれぞれ数名の職方が参加していましたが、職種に関係なく多くの職方は作業が横着になっているとの事でした。というのは、ベテランになればなるほど作業を簡素化するために自己流で仕事をしているらしいのです。早く仕事を済ませたいとかだるい、めんどくさい等の理由で自己流の方法が長年にわたって続けられてきたのです。それがどんなに危険をはらんでいるかを今回の研修で学びました。

そしてKYでは想定される作業で事前に考えられる”危険”をすべて洗い出す事を繰り返して行います。その中から重点事項を絞り込みます。それから、重点事項に対する対策を挙げ、さらに行動目標を掲げるという作業までが本日の内容でした。

例えば、丸ノコの使用を想定します。考えられる危険は

1.風で削りくずが目に入って手元が狂い、手を切る。

2.歯の反動で木が動いて固定している手が歯にあたって手を切る。

3.電源を入れたまま歯を交換しようとして、誤ってスイッチが入って手を切る。

などなど、考えられる危険をすべて出し尽くします。「KY」では重点事項や行動目標よりも”危険の洗い出し”が最も重要なのだそうです。

最近は”安全大会”や”安全パトロール”などに参加する機会が増えてきましたが、今回はさらに一歩踏み込んだ”安全”を学んぶことができました。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月20日 (木)

畳にチョコレートのシミが・・・。

先日畳替えさせていただいたお宅からチョコレートに関する問い合わせがありました。正確に言うと、畳に付いたチョコレートのシミを何とか消す方法を教えてほしいという内容でした。

畳にとっては敷き込みから一ヶ月も経たない出来事としては最悪のアクシデントですよね。もちろんお客様にとっても後悔してもしきれない出来事だったと思われます。2歳くらいのお子様がチョコレートをこぼしてしまったとの事なので、怒るわけにもいかず当店に相談があった次第です。

まだ現場を見ていないのですが、おそらく溶けたチョコレートが畳表の”目”の中に入っている事が予想されます。完全に拭き取れていないのでシミになっているのではないかと思われます。

とにかく一度伺って状況を見てみたいものです。洗剤や漂白剤などは新たなシミの元ですから何もつけてないことを祈っております。

そういえばチョコレートシミって初めての経験ですね。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月19日 (水)

畳と亀の関係

Photo_168 昨日は”かめ”がいきなり現れて驚いてしまいましたが、亀と畳には少しばかり関係がありました。

日本の伝統的な文様に「亀甲(きっこう)」があげられます。この文様は亀の甲羅をモチーフにデザインされています。そして伝統的な畳の”ヘリ”もこの亀甲の文様を取り入れたものがあります。

写真は我が家の茶の間で採用させていただいた「亀甲」の”へり”です。今年の春に表替えしたお部屋ですが、たまたま亀甲のへりが付いていました。

最近ではへりといえばパステル調の無地が主流ですが、伝統の日本文様もいいと思います。伝統文様で畳の”へり”に多く採用されているのは「亀甲」のほか、「七宝(しっぽう」、「花菱(はなびし)」、「網代(あじろ)」などがあります。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月18日 (火)

”かめ”がやってきました。

Photo_167 話は先週にさかのぼりますが、畳一がいつも手縫いの練習をしている倉庫から”かめ”が一匹見つかりました。

この水槽は倉庫脇に設置されている雨水を溜めるものです。先週までは水が濁っていたのですが、雨できれいになっていました。そうしたところ、中にかめが一匹泳いでいるのが見えました。

この付近は住宅地に囲まれているのでかめが自らこちらに迷い込んだとは考えにくいです。おそらくペットとして飼われていたかめだと・・・。

そろそろお腹が空いてくる頃なのですが・・・。

イグサを食べてくれるとありがたいですね。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月17日 (月)

カビは時間と共に成長します

Photo_166 昨日に引き続き、今日の石川県地方は雨模様でした。連休中にゴルフや海水浴を予定していた人にとっては散々な週末だったと思います。

こんな天気が続いてお部屋の湿度がかなり高くなっていたようです。写真の小さな畳は「キャスター受け」にと作りかけていたものですが、カビが生えてしまいました。

何枚か取り出してみると、ほとんどにカビが発生していました。そして、よく観察してみると、カビの程度に差があることに気が付きました。

写真では一番カビの発生の少ないものから、真ん中、左の順で並べてあります。

カビは発生から時間と共に成長していきます。始めは白い粉のような状態ですが、時間の経過とともに青や黄色のカビに成長していきます。

それから、三枚の小畳を拭き取ってみました。程度の低い右と真ん中はなんとかきれいに拭き取ることができました。ところが青や黄色のカビが発生してしまった左の小畳は残念ながらシミが残ってしまいました。

<カビお手入れの注意点>

新しい畳では完全にカビの発生を無くす事は出来ないので、風通しをよくしてカビの発生を抑制しましょう。

カビが発生したら速やかに拭き取りましょう!

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月16日 (日)

刈り取り間近の小松表

Photo_165 本日の小松表の田んぼです。そろそろ刈り取りの時期が近づいていると思うのですが、まだ収穫されていない模様です。

今日の石川県地方は朝から強い雨が降り続いて、かなり水浸しになっています。

生産量、品質の低下に歯止めがかからない小松表ですが、地元産のイグサはやはり気になりますね。次回ここを訪れるときにはおそらく収穫が終わっていることと思います。小松表観察シリーズ2006年版は今回で最後になりそうです。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月15日 (土)

縁(へり)の部分は熱に弱い

Photo_164 やっちゃいましたね。

アイロンを置いた部分だけくっきりと”へり”がとけてしまいました。

へりの素材は主にポリエステル、綿糸、ポリプロピレン、ポリエチレンで構成されています。天然素材は綿糸のみで圧倒的に化繊が多数派を占めています。化繊は褪色に強い反面、熱に弱い性質があります。

一方、アイロンの大きさから想像すると畳表の部分にも熱が伝わっているはずなのですが、畳表は比較的に熱に強いため、無傷で済みました。もちろん長時間放置すると畳表の部分でもこげ跡がついてしまいます。

今回は発見が早かったので”へり”の被害だけですみました。

どうぞ、アイロンがけの際は”へり”の焼け焦げにご注意くださいませ!

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月14日 (金)

畳の小上がりに寝転がると吹き抜けが見上げられます

Photo_163 吹き抜け越しに二階より小上がりの畳コーナーを撮影しました。

こちらは畳の敷き込みを終えたばかりの新築住宅です。リビングに隣接して畳コーナーがあります。畳はへり無し畳の「綾波」が選ばれました。一段上がった”小上がり”になっており、疲れた体を癒すくつろぎの空間に仕上がっています。見上げると吹き抜けから二階の様子が垣間見れます。

「綾波」は和紙素材の畳表でカビやダニに強い素材です。写真の黄金色は和風・洋風の区別なくマッチする色合いで人気があります。へり無し畳をご注文の際はごうぞご検討に加えてくださいませ。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月13日 (木)

森本商工会青年部の定例会

Photo_162 昨晩は森本商工会館にて青年部の定例会がありました。

畳一も西田畳店での業務を終え、商工会館に向かいました。

定例会は月に一度開催され、地域の行事や他商工会との交流促進について議論されます。今回は複数の商工会が交流を深めるようにと県青連会長の永江さんがゲストとして出席していました。

近々、県青連のホームページをリニューアルするのをきっかけに部員同士の交流を促進させたいと考えているとの事でした。石川県内にも1000名を超える青年部員が活動しているので交流が深まれば個々の営業機会も増えるのではとの憶測もあります。地元から広域へと営業展開を考えている企業にとっては絶好のチャンスかもしれません。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月12日 (水)

畳表をひっくり返す瞬間を見ていただくと”裏返し”がよく理解できます

Photo_161 昨日は”裏返し”を勘違いした例をご紹介しましたが、本日は本当の”裏返し”をお見せします。

裏返しをするにはまず、へりを切り取って畳表(ござ)をはがせる状態にします。写真はまさにへりを取り除いたところです。

そして、畳表をはがしていくときれいな裏側が見えてきます。さらに最後まではがして、きれいな面を上側にします。それから、再びへりを縫い付けてると完成です。へりは新調しますので違ったデザインの物を選ぶと気分転換にいいと思います。

<裏返しのキーワード>

「畳表は一旦はがす」「へりは新調」

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月11日 (火)

畳をひっくり返しても”裏返し”にはなりません

Photo_160 「”裏返し”って畳をひっくり返すものだと思っていた。」とおっしゃるお客様がいました。

「では、畳をひっくり返してみますね。青いでしょう。」

こちらはただ今製作中の手縫いの畳の裏側です。畳表(ござ)が張られているのは表面だけで裏側は青いシートが張られています。シートの他、ワラや糸が複雑に重なり合っています。青いシートはポリプロピレンがラミネート加工された紙で床下の湿気からワラを守ってくれます。写真で見えているワラは”返しワラ”といって畳の厚みを調節する働きがあります。

ちなみに”裏返し”はいったん取り外した畳表をひっくり返す工事です。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月10日 (月)

畳の部屋から列車を眺めるのもいいものです

Photo_159 今日はJR金沢駅近くの賃貸マンションへ畳の張替え工事に行ってきました。

今回、張替えに伺ったのは5階のお部屋でJR北陸線を見下ろせる場所にあります。ここにいると金沢駅に入る電車を全て見ることができます。鉄道マニアにはたまらないシチュエーションだと思います。

金沢駅まで100メートルくらいの場所なので敷き込み中も引っ切り無しに電車が通っていました。手前の線路は在来線の北陸線ですが、奥には北陸新幹線の高架がすでに出来上がっています。予定では8年後の開通を目指しているそうです。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月 9日 (日)

最終の技能講習会は本番形式で行われました

今日は午前中より畳製作の技能講習会がありました。

最終の講習会ということで技能検定とほぼ同じ内容で行われる予定でした。日ごろの練習の成果を試す絶好の機会だったのですが午後に予定が入ってしまったので、不安の残る「床の間畳」の製作だけ済ませて早退することにしました。

会場に入って準備に取り掛かっていると2級を受けるメンバーの方から「”大がね”を忘れてしまった。」ということで騒がしくなってきました。”大がね”とは畳の直角を出す大事な道具でこれがないと2級の畳製作はほぼ不可能になります。講師はまよったあげく”大がね”を取りに行かせました。その後はかなりのお説教をいただいていました。かわいそうに・・・。

そんなトラブルをよそ目に一級組は製作に取り掛かりました。畳一だけ床の間畳を黙々と作っていました。残念ながら目標時間の一時間を5分オーバーしました。

本番では時間ピッタリ、仕上がりスッキリといきたいものです。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月 8日 (土)

日当たりがいいお部屋では畳の日焼けが早いです

Photo_158 畳替えした時の青畳の色ってきれいですよね?

イグサの香もお部屋中に広がって気持ちのいいものです。

ところが日当たりのいいお部屋にテーブルや座布団を置いておくと家具の跡が残ってしまうことがないでしょうか?

写真は小畳ですが花瓶を置いた跡がくっきり残ってしまいました。この小畳は<Joe>という東京の長南畳店さんに作っていただいたものです。どうもすみませんでした。大切に飾ったつもりでしたが、同じ場所に長く置いておいたのが原因で日焼けしてしまいました。

イグサが褪色するのは紫外線が原因ですので、レースのカーテンや障子で直射日光を遮ることが日焼け跡を防ぐ有効手段です。全体的にある程度日焼けしてしまえば部分的に家具の跡が残ることはありませんので、畳替え後は直射日光に対するお手入れをお忘れなく!

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月 7日 (金)

いちばん畳がへこむ場所はお部屋の出入り口

Photo_157 最も畳がへこんでしまう場所をご存知だろうか?

えっ、タイトルに書いてあるって。

そうです、写真のようにお部屋の出入り口が踏まれる頻度が高く、畳がへこんだり、柔らかくなってしまいます。写真は極端な例ですが、敷居と畳の高さを比べると約1㎝程度の段差ができてしまっています。

こちらのお部屋の先日に畳の表替えをさせていただいたので、敷き込みのついでに不陸調整をさせていただきました。不陸調整(ふりくちょうせい)とは畳と畳の段差に当て物をして同じ高さに調節することです。畳と畳の段差だけでなく畳と敷居の段差にも高さの違いが生じるので不陸調整をして高さを合わせます。

畳床が柔らかくなってくると段差が出来やすくなりますので、畳替えを検討する時期かもしれませんね。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月 6日 (木)

やってしまいました!床の間畳で大失敗

Photo_156 先日久しぶりに床の間畳を練習していたと投稿させていただいていました。

ところが土台となる板に合わせてびっくり!

なんと3㎝も土台より大きく作っていました。写真ははみだした部分が分かりやすいように板の裏側から撮影しました。

あってはならない事ですが、練習台だったので助かりました。試験当日だったり、納入先がきまっている品だったら・・・・。と思うとゾッとしますね。

これに懲りずに週末も練習しますかね。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月 5日 (水)

雨が続くと畳のカビが心配です

Photo_155 今日の金沢は雨でした。最高気温は21度と少し肌寒い一日となりました。

今日のような日の為に先月あたりから畳替えの際にこんなご注意を促してきました。

「これから梅雨に入ってカビが生えやすくなりますので、晴れた日には出来るだけ風通しをよくしてください。」

ところが北陸地方では梅雨入り後も晴天が続いていましたので、もう一度こちらのご注意を思い出していただきたいと思います。

それからワンポイントアドバイスとしてエタノールの入った除菌スプレーを吹きかけることでカビの発生を抑制することが出来ます。写真はキッチン用洗剤売り場で見つけた除菌スプレーです。300ml入りを350円で購入しました。このスプレーをまんべんなく畳に吹きかけます。15分くらいで蒸発してしまいますので取り立てて拭き取る必要はありません。

ちょっとした工夫で面倒なカビの始末を省くことができます。あまったエタノールはキッチンの除菌用としてそのままお使いいただけます。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年7月 4日 (火)

和風のオーダー家具

Photo_154 以前「目押し定規」という畳製作に使う道具を作っていただいた家具デザイナーの甲斐 晋氏の作品をご紹介します。

5月29日の投稿でホームページにリンクさせていただいていますが、実際の作品も見せていただいたのでUPしました。

ほとんどの作品が洋風のコンセプトに基づいて作られていますが、一つだけ和のテイストを感じさせてくれる作品が目につきました。それがこちらの座椅子と座卓です。こんな家具を置くだけで平凡な和室もお洒落な空間に早変わりします。形や大きさ、色などはオーダーに応じて作りますのでいろんなタイプの和室に合わせることが可能とのことです。

甲斐 晋氏が代表を務めるFREYのホームページです。

http://www.frey-furniture.com/

2006年7月 3日 (月)

赤龍鬢で床の間畳を作りました

Photo_152 久しぶりに床の間畳を製作しようと思っていました。

畳技能検定での課題の一部となっているのだが実際の施工現場は減少傾向にあります。

今回使用した材料は赤龍鬢とよばれる畳表で目が粗く織られています。先月の投稿でご紹介した青龍鬢とは色合いがかなり違います。鮮やかなグリーンの青龍鬢に対して赤龍鬢は茶褐色をしています。好みによって使い分けるといいのですが、青龍鬢も日焼けが進むと茶褐色に変色してしまします。

今日はせっかく床の間畳を作りましたが練習用ということで敷きこむ場所がありません。

2006年7月 2日 (日)

犀川河川敷で一斉放水

Photo_151 今日は雨の中、消防の連合検閲という行事に参加していました。

分列行進に続き、優良分団表彰、市長観閲、そして先日のポンプ車操法の表彰が行われました。ポンプ車操法の表彰では畳一の森本分団が35年ぶりの準優勝のカップをいただきました。

最後に車両分列行進が金沢市を流れる犀川河川敷にて行われました。ポンプ車50台が一列に並んだところで上空に向かって一斉放水となりました。写真は雨の中、放水するポンプ車を写したところです。写真では見えていませんがホースの筒先には裸になった分団員が犀川の浅瀬に入って構えています。

冷たい雨に風邪をひかなければいいのですが・・・。

2006年7月 1日 (土)

森本商工会青年部のメンバーが力を合わせてパン工場をリニューアルしました

今日の業務は午前中に畳の引き上げと夕方に住宅会社の工程会議に参加することでした。Photo_150

朝一番で畳を引き上げてくると夕方まで時間がかなり空いてしまうので手縫いの畳を作ることにしました。少し小腹がすいていたので何を食べようかと思案していました。考えているうちに先日リニューアルオープンしたばかりのベークファクトリーカズというパン屋さんが見えてきました。こちらは森本商工会青年部のメンバーが経営するパン屋さんということでさっそくお店をのぞいてみることにしました。中に入ると以前からの定番商品の他、新しくメニューに加わったパンがところ狭しと並べられていました。今回のリニューアルではヨーロッパをイメージしたお店作りがされているので新商品もフランスパンやピザを使ったものが目につきました。

ところで今回お店のリフォームに携わったのは森本商工会青年部のペンキ屋さんや建設会社でした。写真は店の正面にあるモニュメントですが木野建設の木野君が担当しました。写真では分かりづらいのですが外壁の塗装を三平塗装の中村さんが担当しました。木野建設では道路建設や河川改修の他、一般住宅や店舗などの外構工事にも積極的に請け負っているそうです。木野君自身は初めて外構工事に携わったそうですがけっこうきれいな仕上がりになっています。

さて、今回ご紹介した森本商工会青年部の皆さまの情報はこちらです。

《ベークファクトリーカズ》

http://www.bakery-kazu.com/

《木野建設》

http://w2223.nsk.ne.jp/~kino/

《三平塗装》

http://sampei.typepad.jp/blog/

三平塗装の中村さんは昨日の座談会のメンバーでもありブログ仲間でもあります。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック