無料ブログはココログ

« 犀川河川敷で一斉放水 | トップページ | 和風のオーダー家具 »

2006年7月 3日 (月)

赤龍鬢で床の間畳を作りました

Photo_152 久しぶりに床の間畳を製作しようと思っていました。

畳技能検定での課題の一部となっているのだが実際の施工現場は減少傾向にあります。

今回使用した材料は赤龍鬢とよばれる畳表で目が粗く織られています。先月の投稿でご紹介した青龍鬢とは色合いがかなり違います。鮮やかなグリーンの青龍鬢に対して赤龍鬢は茶褐色をしています。好みによって使い分けるといいのですが、青龍鬢も日焼けが進むと茶褐色に変色してしまします。

今日はせっかく床の間畳を作りましたが練習用ということで敷きこむ場所がありません。

« 犀川河川敷で一斉放水 | トップページ | 和風のオーダー家具 »

コメント

おおっ!頑張っていますね。
私もこの押しピンを使っていましたが
糸に絡んでくるので昔の画鋲に替えました。
私的には画鋲の方が作業しやすいように思えますがどうでしょうか??
御床畳の製作、頑張ってください。(^^)

赤龍鬢に青龍鬢ですか。
初めて聞きました。
近くに龍鬢を織る生産者がおりますので
見に行ったことがありますが
それは茶褐色だったので赤龍鬢かな。
青龍鬢の製作の仕方がわからないです。

練習に龍鬢はもったいなくて使えないヘタレな私です^^;

私の場合、練習で作ったのを解いて框を縫い止めて、古ござと同様に、「ご自由におとり下さい」BOXに入れています^^
サイズは小さいですが意外と喜んでもらえますよ☆

それと私、最近は鋲を使わなくなりました。良いのかどうかわかりませんが、慣れてしまえば、時間もかなり短縮になりましたし、見栄えや縁の張りも変わらなくなっちゃいました^^;
二畳台作ってから急に出来るようになったんですが(笑)

まつ様
たしかに画鋲のほうが作業しやすそうですね。参考になりました。

----------------------

せい様
青龍鬢といっても色合いは普通の畳表と同じだと思います。ちなみに北陸では青龍鬢がよく使われています。

----------------------
青畳工房さま
鋲を使わなくてもいいとはかなりの腕前ですな。タイムリーな時に二畳台の注文が入ったようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21914/2483431

この記事へのトラックバック一覧です: 赤龍鬢で床の間畳を作りました:

« 犀川河川敷で一斉放水 | トップページ | 和風のオーダー家具 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック