無料ブログはココログ

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

多目的ホールがあっというまに畳の宴会場に

Photo_225 昨日の間に製作しておいた建材床N型の敷き込み風景です。製作の模様や材質については昨日の投稿を参照していただければと思います。

今日はこちらの3間×4間半で27帖のカーペット敷きのお部屋にその畳を敷き込みました。普段はテーブルとイスによるパーティに使用するお部屋でしたが、畳敷きの宴会場が必要だということで依頼を受けました。

畳の重さは約7㎏の軽量で、女性の方でも持ち運びが出来ます。サイズも全て同じ寸法で作られていますので汚れが付着した畳を目立たない場所の畳と交換することも可能です。ただし、お部屋を仕切るパーテーションに”曲(くせ)”があったので一部だけ寸法がきつくなっています。畳の出し入れをしやすくするために寸法をあまめに作っていたのですが少し残念です。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月29日 (金)

建材畳床N型

I JIS規格で言うところの”建材畳床N型”を作っていました。

建材床N型とはクッション材と補強材とポリスチレンフォームで作られた畳床です。写真はその内部が隠れてしまう前の施工中に写したものです。上から畳表、黒く見えているのがクッション材、薄い茶色のベニア板が補強材で白く一番大きく見えているのがポリスチレンフォームです。

特徴はとにかく軽いということです。全体の8割以上をしめる部分にポリスチレンフォームを使用し一枚あたり約7㎏の重さに抑えています。稲ワラ床で約30㎏の重さがあり、比較すると4分の1以下ということになります。用途は仮設の畳として使われます。敷いたり、引き上げたりを繰り返すので軽量であることが求められます。今日はこのような畳を27枚作っておりました。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

西田畳店の広告塔

Photo_224 西田畳店が最も早くから採用してきた宣伝媒体がこちらの電信柱に張り付いている看板です。古いものでは30年近く経っていると思います。

店名と電話番号だけのいたってシンプルな看板です。このような電柱が金沢市内に約25本設置してあります。

ちなみに電柱の場所によってそれぞれ設置費用が異なっています。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月27日 (水)

有料戸別収集

Photo_222 昨日に引き続き畳ゴミの話です。畳ゴミの中でも一般の方が関係するのは使用できなくなった古畳の処分です。そこで今日はテーマを古畳の処分に絞ってご説明します。

これまで我々のような畳店が新畳の施工と引き換えにまくった古畳をこれまで戸室新保埋立場(金沢市の産廃処理場)に搬入していましたが、10月1日より搬入が規制されることになりました。そして、これからは最終処理能力のある産廃業者に古畳の処分を委託することになります。ここまでは昨日の話の大まかな流れでした。

このように畳店を通して産廃業者に古畳を引き取ってもらう場合、処分料が割高となってしまいます。そこで、一般の方が利用できる「有料戸別収集」というシステムを活用して処分料を安く済ませる方法があります。写真はその「有料戸別収集のご案内」という冊子で金沢市から配布されているものです。方法は簡単で以下の手順で行なうことが出来ます。

1.戸別収集センターに電話申し込み

2.ごみ処理券を「金沢市ごみ処理券取扱店」の標示のあるコンビニ、スーパー、郵便局などで購入します。

3.申し込み時に指定した日時にごみ(古畳)を出す。

ちなみに古畳処分は一枚500円なので6枚でしたら3000円分の「ごみ処理券」を購入しなければなりません。一方、産廃業者に処分を依頼すると業者によりますが一枚あたり1500円~2000円程度の処理費用がかかってしまいます。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月26日 (火)

戸室新保埋立場の産業廃棄物搬入規制に伴う畳の取り扱いが決定

Photo_221 金沢市には市が運営する戸室新保埋立場という産業廃棄物の処理場があります。以前の投稿でもご紹介しましたが平成21ないし22年ごろまでに埋立地が満タンになる見通しです

これにともなって10月1日より一部搬入規制が行なわれることが決定していました。畳に関しても規制の対象となっていたわけですが、畳組合が業界を挙げて折衝していたところ以下のように決定しました。

<搬入出来なくなるもの>

・化学床の畳

・表面保護シートの不職布

・クッション材の不職布

・裏面材

・合繊へり

・PPカマチコーナー

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月25日 (月)

工程会議

Photo_223 今日は業務終了後にとある住宅会社の工程会議に参加しました。日中は通常業務があるので、午後6時より現場仕事を終えたそれぞれの職方が本社会議室に集まります。

畳一も西田畳店を代表して会議に参加していました。

この会社ではその月ごとに工事の進捗状況を現場別に発表していきます。写真はその工程表の一部です。今月は決算月ということで月末に仕上げ工事が集中しています。畳の敷き込みは通常の新築工事の中では内装仕上げ工程に含まれます。仕上げ工程は大工工事が終了した後の工程で畳工事のほかクロス工事や建具工事などが含まれます。これらの工事は完成間近の工程で、清掃・検査を経て引渡しが行なわれます。

このように畳工事から完成・引渡しまでわずかな日程の場合が多く納品には細心の注意を払っています。畳工事のミスで”お引渡し”にご迷惑をおかけしたくありませんからね!

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月24日 (日)

森本地区自主防災の訓練に参加

Photo_220 森本公民館が主催する自主防災訓練がありました。森本消防分団の団員である畳一も朝から訓練の準備に加わりました。

今日の訓練では住民が主役となる自主防災ということで森本分団は後方支援に徹しました。

午前7時半になると非難場所である森本小学校にたくさんの人々が集まってきました。定番となった消火器や大きなシーツを使った消火訓練のほか、AEDという電気ショックによる救急救命の実演、非常食となるアルファ米の炊き出しが行なわれました。なかでも人気を集めたのが煙の中を通り抜ける”煙体験ハウス”でした。テントで作られたこのハウス内に入るとイミテーションの煙が充満していて前が見えないようになっています。この中を出口に向かって脱出する訓練が行なわれました。特に子供達には好評でして、煙のある迷路として遊んでいたようです。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月22日 (金)

秋の能登路を颯爽と七尾まで行きました

Photo_219 前を走るのは西田畳店のハイゼット一号です。

今日は石川県七尾市の現場まで畳の敷き込みに行きました。軽トラ一台では積み切れなかったので店のハイゼットを二台使って運びました。

七尾まで約60㎞の道のりを1時間半かけてドライブしました。道中の田んぼではほとんど稲刈りが終わっていましたが、所々で最後の追い込みとばかりに稲刈りの作業が見られました。能登の稲ワラは畳床用の他、飼料用にと使われるそうです。

稲刈りの終わった田園風景も秋らしくていいものですね。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月21日 (木)

畳の鋭角カットは高等技術

Photo_218 こちらは鋭角にカットしたへり無畳です。畳表は和紙素材の「綾波」を採用しました。

施工する上で畳が石材や木材と大きく異なる点があります。石材や木材は目的とする寸法にしたがってそのままカットします。一方、畳はカットした心材に畳表を張り付けるため、心材を寸法通りにカットすることができません。すなわち、畳表の厚さを除いた大きさで心材をカットしなければならないのです。このことが畳を鋭角や変形に加工することを難しくしています。

最近では間取りが複雑化することによって変形の畳も増えてきました。西田畳店でもそんな要望に応えるべく試行錯誤を重ねてまいりました。当店での施工例です。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月20日 (水)

へり柄の”小銭入れ”

Photo_217 畳の”へり”の生地で作った小銭入れです。

定番のへり柄のほか、人気のキャラクターをあしらったデザインもあります。全部で50種類以上ありますが、いくつか絞って仕入れました。

見馴れないものでは”迷彩柄”、”ヤンキー風”や”動物柄”などたくさんあって目移りしてしまいます。写真のものはブログ仲間の瀬戸君のお店で販売するもので絵柄の選択は瀬戸君の奥さまに担当していただきました。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月19日 (火)

古民家再生のほぼ完成図

Photo_216 neoさんいつもコメントありがとうございます。以前ご紹介させていただいた古民家再生工事の畳を敷き込みました。リクエストにお答えして別の角度からお見せします。

先日写した同じお部屋ですが反対方向から撮影しました。入り口ドアと畳コーナーが見えています。二世帯住宅として再生するお宅の2階リビングです。子世帯が使用するらしく白を基調とした壁面とフローリングの空間になっています。畳コーナーは近頃増えてきたへり無し畳を敷き込んでありあます。

ちなみに1階部分は60畳の大広間になっております。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月18日 (月)

世界五大穀物の”コウリャン”を畳床に有効利用

Photo_215 ”コウリャン”という名をご存知でしょうか?

北陸ではあまりなじみがない植物ですが、コウリャン酒や飼料用の原料となります。

写真はコウリャンの茎の部分とその茎を圧縮して作った薄畳用の床です。熱帯アフリカ原産のこのイネ科の植物はお酒や飼料として加工されるのは”実”の部分だけで茎はこれまで用途がなく廃棄されていました。

この茎の部分をなんとか有効利用できないかと模索した結果、薄畳(バリアフリー畳)として商品開発されました。薄畳とは厚さ15ミリでつくられるバリアフリー対応の畳のことでフローリングとほぼ同じ厚さになります。

こうすることで床下の構造をフローリングと和室で区別することなく施工できますので建築のコストダウンに有効な商品といえます。また、硬い茎を使用することでこれまで課題だった寸法の縮みや反りを抑えることに成功しました。

安全な天然素材を使った環境にやさしい素材である”コウリャン”で畳の可能性が広がるとうれしいですね。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月17日 (日)

金市祭りで再び”たこやき屋”に

Photo_214 台風13号が接近しているさ中、”金市祭り”に参加していました。

森本商工会青年部のメンバーの一人が金市町出身ということで青年部に参加の要請があったわけです。畳一も森本商工会青年部の副部長として参加させていただきました。

青年部としての参加は今年で二回目で、去年に引き続き”たこ焼き屋”をやりました。たこ焼きは青年部が最も得意とする模擬店でメンバーのほとんどがプロ並の腕前を持っています。

ただ、今年はたこ焼きだけでなくクレープとおでんにも挑戦しました。午後6時を過ぎると町内からたくさんの人が訪れ、青年部の模擬店の前にも長蛇の列が出来ていました。結果はクレープ、おでんに引き続き、たこ焼きも全て完売し、大成功に終わりました。

終盤は台風の影響なのか風と雨が強くなってきましたが無事に祭りを終えることが出来ました。写真は金市祭りに主役級の活躍をする”伸栄館”の瀬戸君の息子です。将来は海賊になる模様です。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月16日 (土)

ひのき畳とひのきベッドのコラボレーション

Photo_213 今日の西田畳店は”ひのき”の香につつまれました。

ベッド用のひのき畳を作っていたからです。このひのき畳の床(心材)は岐阜県の飛騨フォレストさんで作られています。間伐材のひのきをチップ状に加工し、圧縮して畳床に生成されます。写真はその”ひのき床”をカットした切断面です。切断する度にひのきの香が工場中に広がりました。いぐさの香が染み込んだ西田畳店の店内にしばし森林浴のひと時が訪れました。

さて、この”ひのき畳”ですが金沢の”マイスターマトバ”さんで作られている”檜ベッド”のフレームに納まります。正に檜づくしの贅沢なベッドになります。納品は来週の予定なので当日が待ち遠しいです。

「マイスター・マトバ」さんのサイトはこちらです。

「マイスター・マトバ」

〒920-3117 金沢市北森本町ニ88

TEL 076-258-0057  FAX 076-258-1057

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月15日 (金)

秋晴れの北陸道で加賀市へ向かう

Photo_212 今日の金沢は秋晴れの一日となりました。最近はめっきり秋めいて過ごしやすい日々が続いていましたが、今日に限っては最高気温が25℃まで上がりました。どうりで暑いと思っていました。

こんな中、加賀市の新築現場まで畳の採寸に行ってきました。加賀市までは50㎞の道のりで普段でしたらのんびりドライブ気分で現場に向かうところでしたが、午後から直ぐ製作にかかるとのことで高速道路を飛ばして行きました。写真は金沢東インターチェンジ付近の上り車線です。正面のビルは19階建ての石川県庁です。

現場に着いた時すでに正午を過ぎていたので採寸した紙をFAXすることにしました。幸い現場近くにコンビにがあったので助かりました。おかげで午後の段取りを変更することなく製作に取り掛かることができました。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月14日 (木)

斬新なデザインで古民家を再生

Photo_211 築70年は超える古民家の改築工事に参加しています。

4月より続いている大工事で今月にようやく2期工事が終了する予定です。畳の敷き込みは全て2期工事に含まれ、来週初めの敷き込みに向けて製作に取り掛かっています。

写真は二世帯住宅の子世帯が住まうリビングの天井付近を撮ったものです。半世紀以上の間この家を守り続けてきた梁がそのまま見える状態になっています。デザイン的にもいい感じですが、思い出の一部分が見え隠れするいい演出だと思います。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月13日 (水)

森本商工会青年部定例会議事録

森本商工会青年部の定例会に出席しました。毎月一度の定例会があり、たくさんの議題が審議されています。

議題の一部をご紹介します。

<交流事業>

・能登鹿北商工会青年部、川北商工会青年部、中能登商工会青年部との交流会

石川県内の商工会青年部と交流を深め、幅広い人脈の形成を目的に昨年より行なっています。今年度から中能登商工会青年部も加わり、交流の輪が拡大しています。予定では10月14日(土)18:30より”食の館「京武蔵」”にて占い師の玉州氏の講演会を計画しています。講演後は「京武蔵」にて懇親会(飲み放題)が開かれます。

<地域活動>

・森本少年サッカー少年団の支援事業

森本商工会青年部OBの石田さんから依頼されていた、サッカー少年団への支援事業が決定しました。部活動に頼っていた地域のサッカーをよりレベルアップする為に専門知識を有する指導者を招致・育成するのが目的で始まりました。9月23日(土)、9月24日(日)に開催される”湖南招待大会”の運営費を森本商工会が補助することが決定しました。

・高松看護大学の学園祭に参加

10月28日(土)にかほく市の高松看護大学にて学園祭が開催されます。この学園祭に地元かほく市商工会青年部の呼びかけで広域商工会の「津幡」、「内灘」、「森本」の各商工会青年部に広域商工会としての参加を打診しているとのことです。参加は任意で、やきそばの模擬店を運営する予定だそうです。

この他、「若手後継者育成事業」、「テレホンガイド作成事業」、「金市祭り支援事業」等が審議されました。たくさんの議論で遅い帰宅となりました。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月12日 (火)

畳一級技能検定の学科試験を自己採点しました

技能検定の学科試験が修了して眠れぬ日々を送っていましたが、自己採点の結果が出ました。全50問中、7問不正解で86点となりました。一応、合格ラインに入っていたので少しホッとしました。

今回利用した解答例は中央職業能力開発協会のサイトで公表されたもので青畳工房さんのブログから紹介されていたものです。

過去問からは正解なのか不正解なのか分かりかねる部分があったのでたすかりました。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月11日 (月)

人気ブログランキングのカテゴリを変更

この「畳の使い方」ブログも長らく”人気ブログランキング”に参加してきました。当初はランキングの”インテリア”部門に登録してきましたが、この度”北陸”部門に挑戦することにしました。

ブログ開始から半年を越え、お陰様でエントリー数は250に達しました。一日一回の投稿を原則に内容も充実してきました。過去の投稿を振り返ると、北陸の気候がキーワードとなって畳のお手入れ方法が紹介されていました。そういうわけで、これからは北陸の皆様により分かりやすく畳について紹介したいと思います。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月10日 (日)

Ryoziくんの誕生会

Photo_210 京都研修旅行が修了して、夕方に金沢に戻ってきました。帰宅してしばらくすると甥のRyoziくん(写真)の誕生会をするということで近くまでお好み焼きを食べに行きました。

誕生日は昨日の9月9日だったのですが、家族の都合で一日ずらしていました。おかげで京都帰りの畳一も参加することができました。

このRyoziくんですが3年前から西田畳店のホームページに登場して以来、UPされたままになっています。製品紹介から「綾波(あやなみ)」のページに一歳当時のRyoziくんが写っています。畳一の部屋でしたが、子供部屋という設定でコメントがされています。

そんなRyoziくんも今年で4歳になりました。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月 9日 (土)

京都方面へ視察研修に行きました

Photo_209 一泊二日で京都方面へ視察研修に行きました。この視察は商工会青年部の活動で”若手後継者育成事業”の一環として計画されました。一部観光も含まれますが、研修事業をメインに日程が組まれています。

朝8時に金沢を出発し、 北陸道の米原を経由してお昼前に京都に到着しました。昼食をバスで済ませ、交流会の会場へ午後一番で向かいました。交流会の相手先は若手金属機械工業の中小企業が集まる「京都機械金属中小企業青年連絡会」通称”機青連(きせいれん)”の皆さんです。

この団体は「育とう 育てよう 育ち合おう」を合言葉にたくましく元気な街工場を目指す交流組織です。商工会青年部とほぼ同じ年齢の若手幹部が集まっており、高い志を持って技術面のみならず経営面でもお互いに意見交換して各々の企業の発展に努めています。

この組織の成功事例はNHKの番組でも紹介されたそうです。興味深かったのはお互いの会社をメンバーが訪問し、本音で問題点を指摘しあうことです。かなり汚い言葉ではありましたが率直に問題点に対して突っ込んだ言葉がかけられていました。番組では資材置き場に製品が混じっていたり、道具が無造作に置かれていたりとかなり指摘項目が見うけられました。

今年で番組放映から4年が経過しているそうですが、指摘を受けていた企業は現在2倍の規模に成長したとのことです。問題点に対して直ぐに対処し、改善と努力を重ね、「清掃 整理 整頓」という3S活動だけで6倍もの利益を確保したそうです。こんな基本的な事柄だけでなく投資面や財務面でも指摘が行なわれていました。

2時間ばかりでしたが有意義な交流会が持てました。

その後は世界文化遺産にも登録された「東寺」でしばし観光を楽しみました。写真はその東寺の五重塔です。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月 8日 (金)

畳は乾湿感が快適性を決定する

冷たいシーツに包まれた布団に入った瞬間に感じる肌触りの気持ちよさは誰もが体験したことのある快感だと思います。この時感じる肌の感触を「乾湿感(かんしつかん)」と呼びます。

乾湿感は畳の快適性を左右する重要な因子で、乾燥した畳は人間の肌に快適な感触を与えてくれます。夏場では、乾いた畳の上を歩くとひんやりとした足ざわりで気持ちよく感じることが出来ます。逆に冬場ではフローリングから乾燥した畳の上を歩くと適度な暖かさを感じさせてくれます。これも乾湿感に起因する快適性によるものです。

一方、畳が湿気を含んでくると熱伝導率が高くなり保温効果が下がって冬場では冷たく感じることになります。したがって冬季に湿気た畳の上を歩くと冷たく肌触りが悪くなってしまいます。北陸など日本海側では冬場も湿度の高い日が続くので注意が必要になります。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月 7日 (木)

無地の和紙を使ってシックなイメージに

Photo_207 いつも畳一が作っている「キャスター受け」の小畳を無地の和紙で作りました。

普段使っているシリーズの和紙は絵柄や模様が入っているものがほとんどでした。このたびお部屋のイメージと合わせたいというご要望に応じて作ってみました。

ご要望を聞いてまず思いついたのが先日、紙専門店としてオープンしたばかりの「プルミエ」というお店です。こちらは長い間文房具屋さんとして親しまれてきましたが”紙”に特化した商品構成で営業を始めています。もともと紙卸業を営んでいたとのことで和紙の品揃えはかなりのものでした。

写真は「プルミエ」さんにて購入した和紙で作った小畳です。我ながらお洒落な仕上がりに満足してしまいました。

さて、あとはお客様に気に入っていただければ最高にうれしいです。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月 6日 (水)

ホームページとファイルを組み合わせた見本帳

Photo_206 西田畳店のホームページはほとんどのページがA4の大きさで作られています。

これには意図があって印刷するとA4のファイルにちょうど納まるようになっています。世の中の書類の多くがA4で出来ているのが一番の理由です。

したがってホームページを印刷するだけで簡単に提案書やサンプル帳が出来上がってしまいます。便利でしょう?

写真はファイルしたサンプル帳ですが、ホームページでは出来ない実物の畳表を見開きで確認できるようになっています。ホームページを作るのには数年かかりましたがプリントアウトするのは数秒で済みますので今では重宝しております。そのホームページとはいつも文末にてリンクしているサイトがそれです。こちらもどうぞよろしくお願いします。

最後になりましたが最近はコメントに対する返答が滞り、皆さんにご迷惑をおかけしています。もう少し落ち着きましたらこれまでのように返信できると思いますので、もうしばらくお時間をいただけたらと思います。いつも見てくださっている方には本当に感謝しています。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月 5日 (火)

倫理に学ぶ経営

Photo_205 久しぶりに朝のセミナーに参加しました。

このセミナーは金沢市倫理法人会が毎週火曜に開催しており、早朝からたくさんの人が出席していました。会の目的は「企業に倫理を!!職場に心を!!」を合言葉に経営者自信が己の心を磨くことにあります。

この日は講話者として東京から(社)倫理研究所 惨事である塩貝 博氏を招いて倫理について勉強しました。”倫理は実践でしかわからない”ということを経験談を交えてくり返し主張されていました。特に印象深かったのは清掃活動によって犯罪率が減少したという取り組みです。ニューヨーク市では地下鉄の落書きが社会問題となっていましたが、この落書きを消すことによって犯罪率を低下させることができました。そして今では安全に市民が地下鉄を日常的に利用することができるまでになったそうです。写真は想像図。

これを受けて氏は新宿歌舞伎町にて毎月3年の間に36回にわたって清掃活動を続けているそうです。そして新宿でもゴミを減らすことによって犯罪が減っているとの事でした。この日も会場に来る前に兼六園周辺を散策しながらゴミ拾いをされたそうです。金沢の兼六園界隈を”日本一きれい”だと持ち上げた上で拾ったゴミを披露してくれました。ゴミの量としてはかなり少ないとの事でしたが、探せば40分でこれだけ出てくるんだと披露されたゴミの量はゴミ袋に半分くらいでした。

それから、あまり知られていないエピソードですがタレントの北野たけし氏が30年間トイレ掃除をやり続けているそうです。

”心を磨く”とはまさにこういうことだと教えられました。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月 4日 (月)

畳敷きの和室で勉強するには

Photo_204 畳一は中学生のころ和室が勉強部屋でした。そこに机と椅子を持ち込んで夏休みの宿題や受験勉強に励んでいました。

そして畳の上で椅子を使うと畳の表面が早く擦り切れた思い出があります。今考えると、椅子の足やキャスターは小さな面積で床に接しているので畳にかかる抵抗が大きくなってしまいます。そのため、椅子を引きずると畳表の表皮がむけて毛羽立ってしまうのです。

こんなお部屋のためにと考えて作ったのが写真のチェアーマットです。硬い心材に美草(みぐさ)というプラスチック素材の畳表を張り付けてあります。これを椅子の下に敷くことによってお部屋の畳を守ることができるのです。大きさは90センチ四方で厚さは約8ミリに仕上がっています。

製品は出来上がったのでネーミングを考えてみようと思います。次回のグループコンサルティングの時に相談してみます。

『アイデアは32個からすごくなる』ですよね。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月 3日 (日)

カクテル飲みながらゴロゴロしてました

Photo_203 今日の午前中は消防の点検日に出かけていました。

消防の点検日には消火栓の点検や機材の点検が行なわれます。最近は目立った火災や災害が起きていませんでしたが、万が一に備えて準備をしています。

消防の点検は午前中に修了してしまったので午後からは家でゴロゴロしていました。先日のボーリング大会で軽い腰痛になっていたので丁度いい休養になりました。

写真はゴロゴロしながら飲んでいた「カクテルパートナー」の新作です。ウォッカベースでライム味のするすっきりした味わいのカクテルでした。カクテルなんてアルコールの入ったジュースだと思っていましたがこれはけっこう美味かったです。量的には足りなくなったので缶ビール二本と白ワインをグラスに二杯ほど飲んでしまいました。たまにはこんな日もあってもいいですよね?

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月 2日 (土)

インシュレーションボード畳を手縫いで

Photo_202 今日は中古住宅の畳張替え工事に行ってきました。

現場に着くと既に不動産屋さんが鍵を開けて待っていました。築9年ということで比較的きれいなお宅でしたが、希望していた”裏返し”は困難な状態でした。

”裏返し(うらかえし)”とは同じ畳表(ゴザ)の裏側を表にして張り付ける最も経済的な張替え方法です。以前のエントリーでも何回かご紹介していると思います。

それはさておき、引き上げた畳を見ると手縫いでかまち側を”伏せ縫い”してありました。”伏せ縫い”とはこの前まで畳一が技能検定のために練習していた方法です。それだけでも驚きなのですが、なんとインシュレーションボードの建材床に縫い付けてありました。これでは糸の”絞まり”に限界があってゆるんでしまうイメージがありましたが、畳表に”ゆるみ”は感じられませんでした。

品質的には問題ないようでした。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

2006年9月 1日 (金)

久しぶりのボーリング

Photo_201 今日はとある住宅会社のボーリング大会に参加しました。平日の夕方でしたがたくさんの人が参加していました。

今日に限ってはレクリエーションということでいつもは現場の清掃や安全に口うるさい現場監督も一緒にゲームを楽しんでいました。

同じレーンになったB氏は久しぶりにボーリング場に来たということでしたが”ターキー”を2回も出してしまい、「昨日、練習に行ったやろ?」などとからかわれていました。さすがにB氏はストライクを連発して2位になっていました。

畳一はというと2ゲームの合計で251という平凡な結果に終わりました。

練習投球時に出したストライクが本番だったらと悔やみます。ちょっと損した気分です。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック