無料ブログはココログ

« へり柄の”小銭入れ” | トップページ | 秋の能登路を颯爽と七尾まで行きました »

2006年9月21日 (木)

畳の鋭角カットは高等技術

Photo_218 こちらは鋭角にカットしたへり無畳です。畳表は和紙素材の「綾波」を採用しました。

施工する上で畳が石材や木材と大きく異なる点があります。石材や木材は目的とする寸法にしたがってそのままカットします。一方、畳はカットした心材に畳表を張り付けるため、心材を寸法通りにカットすることができません。すなわち、畳表の厚さを除いた大きさで心材をカットしなければならないのです。このことが畳を鋭角や変形に加工することを難しくしています。

最近では間取りが複雑化することによって変形の畳も増えてきました。西田畳店でもそんな要望に応えるべく試行錯誤を重ねてまいりました。当店での施工例です。

----------------------------------------------

(有)西田畳店  西田真太郎

〒920-3114 金沢市吉原町へ110

TEL076-257-1367 FAX076-257-1330

http://www.tatamiyanishida.com

----------------------------------------------

よろしければランキングへもご協力を

« へり柄の”小銭入れ” | トップページ | 秋の能登路を颯爽と七尾まで行きました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21914/3516260

この記事へのトラックバック一覧です: 畳の鋭角カットは高等技術:

« へり柄の”小銭入れ” | トップページ | 秋の能登路を颯爽と七尾まで行きました »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック