無料ブログはココログ

« 消防操法で使ったシューズは100キロウォークでも活躍 | トップページ | 秋を感じるもみじ柄のへり »

2011年6月26日 (日)

エアコンのドライで畳のカビ防止

001  北陸地方でも遅ればせながら先週から梅雨入りした模様です。6月に入っても好天が多くいつもより遅い梅雨入りとなりました。昨日になって梅雨入り後に初めての大雨警報が発令されました。

 この時期、畳に関するご注意としてカビの発生があります。とくに畳替え後一年目の畳は注意を怠るとかなりの確率で発生が確認されます。当店では畳替え後に口頭で注意を伝えています。二年目以降の畳は程よく日焼けして品質が安定してきますので一年目限定の問題といってもいいでしょうか?

 ご注意の内容は除湿機の使用や代用としてエアコンのドライ運転です。除湿機でしたら水が溜まるのでどのくらい使用すればいいのか一目でわかります。ところがエアコンのドライだとどのくらいの時間で運転するのか分からないという質問を時々いただきます。カビの特性からいって湿度を調節することで発生を抑制できますので湿度で60%を下回るようにエアコンのドライをかければいいのです。お部屋の大きさにもよりますが概ね1~2時間の運転でいいと思います。間取りなどの条件が異なるとこの限りではありませんので湿度計を見ながら調節していただけることをお勧めいたします。

« 消防操法で使ったシューズは100キロウォークでも活躍 | トップページ | 秋を感じるもみじ柄のへり »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック