無料ブログはココログ

« サメの絵を見に21世紀美術館へ | トップページ | ヘリ無し畳を薄畳で作る機械 »

2017年1月31日 (火)

水をはじく置き畳”プルーフ”

 畳を使用する上で不満に思う事の上位にPhoto
「食べこぼし等でシミができる事」があります。 
 
 この事を解決したのがこらの「プルーフ」です。ソファーに使われる布のような素材で水をかけると水玉になって内部に染み込んでいきません。そもそも畳のシミはこぼした液体が畳表に染み込んで出来ます。なので、コーヒーなど色の濃い飲料でもサッと拭き取ればシミにならずに済みます。
 
Photo_2 試しにコップの水をかけてみました。
 
すると、水が玉になって畳の上を転がり、全く中に染み込んでいきません。
 
乾いたタオルで拭き取れば畳は元の通りに濡れた感触もなく使うことができました。
 
何とも不思議な素材が畳の世界に入ってきました。
 
 
 色は写真のようにグリーンとベージュの他、薄いブラウンや濃いブラウンにオレンジがあります。ヘリ無し畳専用の素材でフローリング上に置き畳として使いやすい色合いになっております。

« サメの絵を見に21世紀美術館へ | トップページ | ヘリ無し畳を薄畳で作る機械 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック