無料ブログはココログ

2020年1月14日 (火)

畳はファンヒーターが苦手

令和2年がいよいよスタートしました。

自分は4回目の年男を迎え節目にふさわしい

一年になることを予感しております。

オリンピックイヤーでもあり何となくワクワクしたお正月を

迎えた方も多かったのではないでしょうか?

  Photo_20200114151601

さて、ふと我が家の畳を見てみると

表面がささくれていました。

普段はそんなに意識していませんでしたが

よくよく見てみるといつの間にか

毛羽立っているのがわかります。

Photo_20200114153001

まだ、使い始めて5年3ヶ月です。

少し早いような気もしますが、畳のその先で

この子が頑張っておりました。

Photo_20200114153301

この子の正体はファンヒーターです。

畳がファンヒーターに弱いのは分かっていましたが、

わが家の居間は少し狭くてこの場所

が彼のベストポジションで常に温風を畳にあてておりました。

分かってはいるけど・・・・。

ラグマットなどで直接に風が当たらないように

するのがいいです。

また、間取りが広ければファンヒーターの位置を

変えるという事もできます。

お客様にはいつも説明させていただいていましたが、

わが家に対しては少し無頓着だったようです。

 

2019年12月31日 (火)

266㎝の畳を表替えしました。

 早いもので今年も最後の一日となりました。

本年もたくさんのお仕事を頂き、無事にお正月を迎えられそうです。

今年は平成から令和へと時代が変わり、消費税の税率も10%へと変わりました。

また、災害の多い年で被災地ではまだまだ避難生活を続けている人々がいます。

「せめて年末年始だけでも畳の上で過ごしてもらいたい」という

ボランティアスタッフの想いに賛同して

当店では微力ながら中古畳を40枚、被災地に提供させていただきました。

 

 

年末は毎年のことながらお正月準備にまつわる畳や障子の張替えが集中して

12月の投稿が本日になってしまいました。

さて、先日ですが2メートル66センチの畳が当店にやってきました。

Photo_20191231070701

こんな感じで横の普通の畳と比べても特別に長いのが分かります。

なぜ、こんなに長い畳が必要なのかと思いますが、

答えは2メートル66センチの床の間がありまして、

その長さに合わせて特注で畳が作られていたからです。

ただし、一つだけ問題がありまして、当店の機械は

2メートル10センチの畳までしか入らないのです。

さて、どうするか?

半分に切って納めるのか?

昔ながらの手縫いでひたすら縫うのか?

Photo_20191231072801

これは「サンダー」というポータブルの畳を縫う機械です。

本来の目的は現場で縫う時に用いられてきました。

この機械は機械自体が小型なので畳の上をガイド板に沿って移動しますので、

ガイド板をずらしてセットしていけばエンドレスに縫うことが出来るのです。

一年に数回しか使いませんが頼りになる一台です。

畳も大掃除の一日前に無事に納品させていただきました。

 

2019年11月 1日 (金)

ふとん乾燥車で畳の乾燥もお任せください

秋の深まりとともに朝晩はめっきり肌寒くなってきました。

時節柄、日没が早まり日照時間も短くなってきました。

特に北陸地方はこれからの冬季間は雪雲に覆われて

満足な日照を得る事が難しい季節となります。

 

そんな時に活躍し重宝するのがふとん乾燥機です。

そして、なんとふとんの乾燥を専門とする車が当店にやってきました。

Photo_20191028042701

目的は布団ではなくて畳を熱乾燥させるためです。

ふとんもそうですが畳やクッションやぬいぐるみにはダニが

目には見えないですが住んでおります。

ダニは熱に弱い性質が知られていますので、

この車にふとんや畳を入れて一定時間

熱乾燥を加えることで駆除する事ができます。

Photo_20191028042702

このように畳ならば8枚を一度に乾燥することができます。

ただし、畳は熱によって少々縮みますので

表替えなど張替え前に熱を加えるのが肝要かと思います。

張替え前ならば縮んだ分だけ付けたしして畳表

を上からかぶせると元通りの寸法に仕上がります。

熱乾燥だけ施すと畳が縮んだ分だけすき間ができますので、

張替えとセットで申し込まれることをお勧めします。

尚、この車は当店のものではなくて

「北陸キングドライセンター」さんのもので

ふとん乾燥を申し込まれるときはこちらまで直接にお願いいたします。

 

2019年10月 9日 (水)

市松模様をツートンカラーでくっきりと

ヘリ無畳の敷き方として

半畳で交互に市松にするのが定番です。

市松に見えるのは光の反射を利用して

畳の向きを交互に敷いているからです。

 

ところが、

「うちは市松に敷いているんだけどあまりはっきりと色の違いがでてないかも・・・。」

というお部屋もあるのではないでしょうか?

 

ポイントは先ほどの光の反射でして、

窓が小さかったり高い位置だとくっきりと市松が浮かび上がりません。

きれいに市松がでるのは大きな掃き出し窓があるお部屋です。

横方向の光が入ると人の目線にうまく反射光が届いて市松がきれいにでます。

 

では、窓が無いマンションだったり日当たりが悪いお部屋だったら

きれいな市松はあきらめなければならないのでしょうか?

 

そんな方に是非ためしてほしいのがツートンカラーのヘリ無畳です。

最近のヘリ無畳はカラーバリエーションが豊富で20色以上あります。

2色の色の違いを利用すれば窓が無くてもはっきりと市松を出すことができます。

 Photo_20191009051101     

このように銀鼠色と墨染色という全く違う色でくっきりと市松を

表現することができました。

Photo_20191009050301

また、このように「灰桜色」と「灰桜に白茶2色織り」のように

比較的似たような色同士でもきれいに色の違いが出ました。

いずれも掃き出し窓の無いマンションのお部屋です。

 

ちなみに、素材はダイケン畳の「清流」で日焼けやカビ、ダニに強いのが特徴です。

カラーバリエーションが豊富なのも強みだと思います。

豊富すぎて選ぶのが大変かもしれません・・・。

 

 

2019年7月10日 (水)

畳にカビが生えないためのご注意

金沢の今年の梅雨入りは少し早めでしたが、

今のところ降水量は少ない模様です。

ただ、今週に入っては曇りがちでジメジメした梅雨特有の

蒸し暑さが感じられるようになりました。

 

畳にとってシロアリの次に注意したいのはカビではないでしょうか?

特に新築や畳の張替えをして一年未満の方は

いぐさが枯れきってなく高温多湿の状態が続くと

表面や側面にカビが生えることがあります。

 

対策としては除湿器で湿度を下げることに尽きます。

また、カビが生えてしまっては拭き取った後に

キッチン用のアルコールをスプレーしておくと再発しにくくなります。

001

初期のカビは白いホコリみたいで簡単に拭き取れます。

ただし、うっかり長期間にカビを放置すると

食パンに生えるような青かびになってしまいます。

こうなるとカビ臭がしばらく残ったり、

畳にも染みが出来ることがあります。

 

そもそも、日中は留守になるので畳のお手入れができない方は

和紙畳や樹脂畳を検討してみてはいかがでしょうか?

Photo_20190710050101

こちらはセキスイ製の美草です。

カビのほか、日焼けやダニにも強いのが特徴です。

 

2019年6月 2日 (日)

シロアリのご注意

Photo_3  

一雨ごとに梅雨入りに近づくかのように湿度と気温が上がってきました。

九州南部ではすでに梅雨入りが宣言されました。

金沢を含め北陸地方では例年ならば6月半ば頃に梅雨入りしますので

しばらくは晴天が続きそうです。

さて、この時期は毎年のように畳からシロアリが見つかります。

床下に巣があるようですが束や根太を伝って畳まで上がってきます。

程度によりますが畳床の交換、床板工事、シロアリ駆除など余分な費用が発生します。

当店では畳の張替え工事の時にシロアリが見つかった場合、

提携の専門業者さんに診断する事をお勧めしています。

なぜならば、和室以外にもシロアリが発生している可能性があるからです。

複数の箇所からシロアリが確認されれば1階全体の駆除が必要ですし、

和室だけならば部分的な駆除にとどめる事も出来ます。

また、建てられた大工さんが高齢だったり廃業された場合は

大工さんの手配をすることも承っております。

Photo_4

シロアリは光が苦手なので畳の側面が食われることがほとんどです。

したがって、表面まで上がってこれないので発見は困難だと言えます。

最初の写真では表面まで来ていますが、タンスの下で光が届かなかったからです。

まれな話ですが、タンスの下と同じようにスイカを置いていたら

スイカの下だけシロアリに食われたことがありました。

彼らは湿気を好みますので、湿気が多いお宅やこの時期に畳替えされる方は

ご注意が必要かと思います。

2019年3月 1日 (金)

ひな人形

Photo 
先日、ひな人形を飾るためにというご要望で畳の張替えをさせていただきました。
 女の子のお孫さんが生まれたという事でお嫁さん側のご両親が急遽ひな人形を贈りたいとの申し出に大慌てでした。先方のご両親にとっては初孫だったらしく、喜びがひな人形を通してつたわってきます。
 ただ、こちら側の親御さんにとっては急な話で、物置状態だった和室の不用品を処分して、3月3日のひな祭りに間に合うように畳替えしないといけない状況でした。
 残念ながらひな人形の到着には間に合わなかったのですが、ひな祭りまでには余裕を持って畳を完成させることができました。
 後日、襖の張替えも依頼がありましたが、ぎりぎりでも間に合わせたいと思います。
ここまで来たら意地ですかね?

2018年12月 8日 (土)

キャスター受けが帰ってきました。

Photo  5年ぶりに古いキャスター受けが帰ってきました。
テレビ台などのキャスターで畳にへこみ後が残らないように作りました。
掃除機などいろいろなものが5年間の間にぶつかったのでしょうか?
少し痛々しい姿がそれを物語っているようです。
 5年間畳を守ってくれてありがとう。
028
 このように使います。
126
 ちなみに畳に直接にキャスターを置くとこのような跡が残ります。
最近は壁にテレビを設置することができるようになりましたので少しばかり活躍の場が減ってきたように感じます。

2018年11月16日 (金)

へり有畳もカラフルに

 正方形で作ることが多いヘリ無し畳ではカラーバリエーションが多くなってきましたが、ヘリ有畳でもカラーが選べるようになってきました。へり有畳では従来のイグサの畳表のイメージが強いですが畳をカラフルに敷くことで和室を少しカジュアルな感じにすることができます。
 



Photo
 こちらの畳はピンクがかった桜色の畳表で作りました。少しくすみを持たせた桜色なので思ったより落ち着いた雰囲気に仕上がりました。ダイケン工業”健やかシリーズ”の「銀白100A灰桜色」を使用しました。
Photo_2
 こちらも写真ではピンクっぽい色合いですが「銀白100A白茶」で作りました。ピンクっぽいのはへりがピンクだからかもしれません。畳表自体は薄いベージュで白っぽい色合いをしております。
 最後は「銀白100A銀白色」です。写真だけ見るとだいぶイグサっぽいですね。でも、隣り合わせで比べると質感や色合いが違いますし香りが無いので一目瞭然に分かります。イグサの香りが苦手な方にはいいかもしれません。また、ダニやカビの発生が少なく日焼けによる褪色がほとんど無いのが特徴です。 

2018年10月 8日 (月)

図書館のいす

 先日、子供を連れて金沢海みらい図書館へ行ってきました。
近頃、図鑑を見るのが好きなようで動物でも植物でもよく図鑑で調べたりしています。
 この日は図鑑が第一目的ではなくて展示中のいすがお目当てでした。
いすの素材に畳表を使ったものがあったので図鑑をえさに子供を引き連れてでかけたのでした。
 実はこのいすを製作したのは金沢美術工芸大学の学生さんで製作段階から当店に相談に来ていたという経緯があります。あいにく当店は繁忙期を迎えていて製作自体では貢献できませんでしたが、素材の提供という形で関わらせていただきました。
 Photo
 こちらが完成された作品で展示作品中でもひと際大きな座面を持っています。
開発コンセプトは図書館に居ながら自宅のようなリラックスした姿勢で読書をするということを目的に作られております。図書館ではいすの形状が統一されていたりそもそも人目がきになりますので固定された姿勢を長時間に渡って強いられます。ところが自宅では畳があったりソファがあったりで寝そべったりあぐらをかいたりと自由な姿勢をとることができます。これを可能にしたのが畳表を使った広い座面を持ついすなのです。
 畳表にはダイケン工業の和紙表である清流の青磁色が使われております。白い背もたれとのマッチングも良好で一般的な畳よりも弾力がある座面も腰かけてよしあぐらをかいても良しといった感触でした。

より以前の記事一覧

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック