無料ブログはココログ

2022年6月 1日 (水)

嬉しいお言葉

今日は我が家で最も大切な日のひとつです。

それは妻の〇〇回目の誕生日なのです。

年齢は女性なので内緒ですが

私と同じはずです。

本日は平日なので先週末に先行して

お祝いの食事会をさせていただきました。

 

さて、タイトルのお話ですが

お客様から嬉しいメールをいただきました。

Photo_20220601035201

お花の展示会に当店の床ゴザを使っていただきました。

テーブルに直接に飾るのは味気ないということで

当店に相談がはいりました。

展示会場に採寸に大型連休を利用して行った

かいがありました。

Photo_20220601040001

写真はお花がメインなのでわかりませんが

この床ゴザは3m越えの2間半あります。

Photo_20220601040201

あくまで主役はお花なので

お役に立てて大変うれしい限りです。

2022年5月 5日 (木)

大型連休の過ごし方

大型連休に入りまして数日が経過しましたが

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

西田畳店では今年は長めの休暇を設定して

4月29日からお休みをいただいております。

さて、先月の投稿で息子の小学校卒業を報告

させていただきましたのでもれなく中学校の入学式

にも行ってきました。

Photo_20220505061801

また、自分は50歳の誕生日を迎えました。

子供の成長も早いものですが40代もあっという間に

過ぎ去っていきました。

ギリギリ連休前にコロナワクチンの3回目の

接種をうけましたが、翌日に副反応による発熱がありました。

Photo_20220505063301

というわけで連休初日は自宅でダウンしていました。

5月に入って3日、4日は金沢港に「にっぽん丸」

が寄港しているのを聞いて行ってみました。

Photo_20220505063901

快晴の空をバックに「にっぽん丸」を納めました。

白い建物は石川県のクルーズターミナルですが

完成と同時にコロナ渦に突入してしまい2年近くの間

ほとんどクルーズ船が寄港しない日々が続いておりました。

コロナ前は年間50本を超える寄港数がありましたので

久々のクルーズ船にたくさんの人々が見学に訪れていました。

さて、今回は畳の話題が無しで終わりそうでしたが

久々に小畳の注文がありましたのでご紹介させていただきます。

Photo_20220505064801

合わせて5枚を目積表にへりを付けて作りました。

サイズは35㎝×25㎝くらいです。

小畳ですが在庫としては持っていませんが

必要な時はお気軽にお問い合わせください。

サイズの指定も出来ます。

残り少ない連休をお身体に気を付けてお過ごしください。

 

 

 

 

2022年4月 1日 (金)

へり素材の手作りぞうり

一昨日に金沢でも桜の開花が宣言されました。

東京ではすでに満開を迎えているという事で

北陸地方の春は関東よりも2週間ほど遅れているのでしょうか?

それでも平年より4日早い開花とあって

週末の観光地は賑わいを取り戻しつつあるようです。

 

さて、我が家ではめでたく長男が小学校を

卒業しました。

Photo_20220401055401

親にとってはあっという間の6年間というのが

祖直な感想なのではないでしょうか?

特に2年前からコロナ渦が始まってからは

加速度がついたように時が流れたように思います。

気が早いようですが先日、中学校の制服の前撮り

を兼ねて写真館にもいってきました。

仕上がりが楽しみな今日この頃です。

親ばかが続いているのは6年前と変わらないかもしれませんね。

 

また、昨年好評だった端材へりの無料配布で

出来た作品を持って来店された方がありました。

Photo_20220401060201

バッグやカバンを作る方は多数いらっしゃいましたが

この度はじめてぞうりを持って来てくださいました。

室内履き用という事で鼻緒の部分がへりで出来ています。

身近なところに手先の器用な方がたくさん

いらっしゃるという事で大変おどろきました。

もう少し端材ヘリがありますのでお近くに来られた

ついでにお気軽にお持ち帰りください。

廃版品や半端品なので同じものが無いので

早い者勝ちとさせていただいております。

あしからず。

 

2022年3月 6日 (日)

黒い畳はかがですか?

先月の22日頃に降った雪がこの時期としては

珍しく37㎝に達しました。

翌日の天皇誕生日に当店は休日という事で

小6の息子とかまくらを作ることにしました。

4月からは中学生なのでかまくらづくりも最後になるかもしれません。

Photo_20220306072701

背丈ほどの高さに雪を積み上げて

穴を掘っていきます。

Photo_20220306073301

二人がすっぽりと入ることができました。

あっという間の6年間

子供の成長がこんなに早いとは思いませんでした。

 

さて、タイトルの黒い畳ですが

同じような黒っぽい色合いの畳を立て続けに

敷き込む機会がありました。

Photo_20220306073901

こちらはセキスイ目積表で

チャコールグレーというカラーだそうです。

樹脂素材で日焼けや水に強いのが特徴です。

Photo_20220306074101

こちらは和紙表のダイケン清流です。

カラーは栗色です。

特徴は日焼けやカビ・ダニに強い事です。

Photo_20220306074401

最後はダイケン清流の墨染色です。

 

いずれもフローリングに合わせて

コーディネートされており、

木目の色と相性は良好でした。

お好みのカラーはありますでしょうか?

 

 

 

2022年2月 1日 (火)

床の間の畳を開けてびっくり

令和4年も早くもひと月が過ぎました。

今年の一月は比較的に雪の影響が少なかったように思えます。

年末から持ち越したお仕事も順調に納品することが出来ました。

 

さて、皆さんは床の間に何を飾ることが多いでしょうか?

お正月だったら鏡餅かもしれません。

普段ではお花を花瓶に入れて飾るお宅が多いのではないでしょうか?

Photo_20220201054801

万が一、この花瓶が倒れたり割れたりするとどうなるでしょうか?

中の水がこぼれて畳に染み込んでしまいます。

表面の水は拭き取ることが出来ますが、

畳に染み込んでは腐食の原因になってしまいます。

なので、古い住宅では水がこぼれても大丈夫なように

工夫が施されています。

床の間の畳を引き上げてみます。

Photo_20220201055801

このように穴が開いており地面が見えます。

そして、床の間の畳は板にござを巻き付けて畳に見える

ように作られていますのでこぼれた水が地面に落ちる仕組み

になっているのです。

金沢には古い町家が数多く残っていますので

このような床の間に遭遇することがあります。

さらに床下に簡単に入る事ができますので

今で言う点検口を兼ねていたと思われます。

その昔には忍びが床下に侵入していたかもしれません。

 

2022年1月17日 (月)

和室の全面改装

令和4年に入りました。

西田畳店も正月明けは例年のごとく遅めのスタートで

1月11日より営業させていただいております。

昨年末の疲れを癒すには十分な休日がありましたが、

正月早々に風邪をこじらせて休みのほとんどを風邪の治療に

当てることになりました。

 

さて、昨年もそうですが最近は畳だけでなく襖や障子の

貼り替えに加えクロス貼りといったご要望を多々承るようになりました。

床である畳、窓である障子、扉である襖、壁であるクロス

これらを一度にまとめて貼り替えたり新調するとお部屋を

全面改装することができます。

Photo_20220117050102 Photo_20220117050101

施工前の繊維壁と日焼けの進んだ畳の和室です。

Photo_20220117050302 Photo_20220117050301

繊維壁にクロスを直接に貼れないので下地にべニアを

取り付けていきます。こちらは押入れも埋めたいということで

押入れの部分にもべニアを取り付けました。

Photo_20220117050802 Photo_20220117050801

次にクロスをべニアに新規で貼り付けて、

最後に畳を新調したものと入れ替えて完成です。

グリーン調の爽やかなお部屋に様変わりしました。

元々の柱は残りますが、お部屋のアクセントとして

いい感じだと思いました。

 

今年は3月頃より襖紙が値上がるといった情報があります。

襖の貼り替えをご検討される方は早めのお問い合わせを

よろしくお願い致します。

 

2021年12月13日 (月)

冬の準備はお済ですか?

先月から地元森本商店街のテレビコマーシャルに

出演したことから沢山の方々から「テレビ見たよ」と反響をいただきました。

自分が実際に映っているのはいるのは2秒程度ですが、

友人・知人からするとインパクトがあったようで

うれしさ半分、照れくささ半分の出来事でした。

また、地元商工会で役員を数年連続して務めた事で表彰を受けました。

地元密着が信条の自分にとってはこれまた光栄な出来事となりました。

さて、12月に入って北陸地方にも初雪が観測されました。

まだまだ、年末の追い込みで配達がありますので

早々に配送用車両をスタッドレスタイヤに履き替えました。

この車両ですが、幌付きで雨天時にも対応していますが

ファスナー部分が故障したので修理に出しました。

地元の青木テントさんで彼も商工会の仲間です。

彼はファスナー部分だけでなく幌の破れた部分も縫い合わせて

納車してくれました。

これで冬季の配達も安心して行けるようになりました。

 

2021年11月 3日 (水)

JCBカードも使えます。

10月の前半は30度を超える日も多々ありましたが、

後半から急に気温が下がり秋が一気に深まった月でした。

季節外れな厚さから一転して、

コタツなど暖房器具が欲しくなる季節となりました。

本格的に寒くなる前に畳や障子のはりか替えを検討する方が

多く当店では引っ越しシーズンと並んで繁忙期となりました。

 

だいぶ寒くなったと思いましたが、

少し気がかりな事象が発生しているようです。

それは寒さに弱いと思われるシロアリの被害が複数件みつかりました。

Photo_20211103062901

最近は記憶に残るような大雨はありませんでしたが、

明らかに昨年よりは多く発生していると思われます。

畳を起してびっくり驚きますが、

当店では提携店にてシロアリ工事した後に

畳の敷き込みをさせていただいております。

部分駆除、全体駆除(5年保証付き)、

必要に応じて床板の交換なども承っております。

 

さて、本題の「JCBカードつかえます。」ですが

以前の投稿で「カード決済がご来店不要で出来ます。」的な事を

お伝えしておりました。

ただし、残念ながらVISAカードのみの運用からスタートしており、

審査の関係でJCBカードのお客様に対応しておりませんでした。

Jcb

この度、めでたくJCBカードの審査も通りましたので

どちらのカードでもお使いいただけます。

キャッシュレスがだいぶ浸透してきた感がありますので

「Pay Pay」や「AU PAY」なども使えます。

また、期間限定で森本商店街のプレミアム付き商品券も使えますので、

お手持ちの方は期間内にご使用ください。

 

2021年10月 1日 (金)

スペアの襖、レースで目隠し

朝晩はめっきり風が冷たく秋の訪れを感じさせてくれます。

そろそろコタツの準備を計画される方もいるのではないでしょうか?

畳の張替えはコタツを出す前にとお考えの方はしばしばいらっしゃいます。

畳の張替えの時は即日納入が出来ますが、一方で襖の貼り替えは

”のり”の乾きが必要なために一泊以上お預かりする場合がほとんどです。

10月に入っては暖房の必要な日もあるかと思われますが、

お茶の間の襖がなくなっては暖房が効かない事もあるでしょう。

そんな時に代わりの襖があればお部屋を開けっぱなしにしなくて済みます。

Photo_20211001055201

こちらは昭和時代の匂いがする柄の襖ですが、当店でご用意させていただいている

スペアの襖です。

車の修理や車検などでは代車の提供が行われていますが、襖の貼り替えでも

代車ならぬ代襖をはめ込むことで開けっ放しのお部屋にしなくて済みます。

また、障子の貼替えではレースのカーテンでプライバシーを守ります。

Photo_20211001055701

障子は窓の内側に付いているものが多く

外したままですと外から丸見えになってしまいます。

お隣や通行人の目は意外と気になるものです。

当店では障子の貼替えの際には必要に応じてレースを貸し出しております。

※他のお客様が使用中の場合はご用意できない時もあります。

2021年9月 6日 (月)

犀川河川敷をランニング

今月は久しぶりに畳の話題を離れて

わが家の家族で趣味化してきている

犀川河川敷のウォーキングとランニングについて投稿したいと思います。

Photo_20210906042401

晴れた日の大桑雪見橋から見た風景です。

左岸も右岸も芝生やランニングコースが整備されています。

なので往路は右岸、復路は左岸を通って景色を

楽しむことも出来ます。

わが家の家族である妻と息子と私の3人で

今年の4月頃から4㎞~6㎞のコースをウォーキングとランニングを

繰り返して隣接する河川敷公園を含めて1時間ほど散策しています。

妻はダイエット、息子は長距離走の練習が目的のようで

天候が許せばほぼ毎週末は飽きもせずに継続しております。

息子は犀川雪見橋~桜橋の約2㎞の区間をタイムを測って

マラソン大会に備えている模様です。

Photo_20210906044901

ちなみに夏休み中のタイムは

Photo_20210906045301 Photo_20210906045401 Photo_20210906045501 Photo_20210906045502

左から8月8日、8月16日、8月22日、8月29日のものです。

8月29日は一気に縮まった感もありますが、8月前半は猛暑が原因で

体調を考慮したペースの為でした。

そして、ついに私のシューズが限界に来てしまいました。

Photo_20210906050301

ランニング中に何かを踏んだかと思ったら自分のシューズの底でした。

消防団の操法大会1回と100キロ歩行4回と今年の犀川河川敷

を毎週酷使してきた20年前のシューズに別れを告げる事になりました。

コロナ渦でもリフレッシュと体力作りになると思って

始めた犀川ウォーク&ランニングですが

これからも続けていこうと思います。

9月に入って朝晩はめっきり涼しく感じられます。

秋の気配を感じつつ犀川河川敷を楽しみたいと思いました。

 

 

 

 

«ヘリ素材のバッグ

2022年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック