無料ブログはココログ

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月 1日 (火)

襖の貼り替え

12月に入りめっきり風が冷たくなってきました。

月に一回のブログ更新が定着してそろそろ5年を迎えようとしています。

5年前といえば当店のホームページをリニューアルして、

それをきっかけに休止がちだったブログを再開したという事です。

 

 

さて、西田畳店では畳の張替えの他、襖の貼り替えも承っております。

畳だけ張り替えると襖の汚れや日焼けが目立ちますので、

両方を同時にというご要望にお応えして襖も貼替させていただいております。

襖紙は大きく分けて2タイプがあります。

一つは鳥の子色に代表される和紙調の襖紙です。

当店では「ごりん」「コスモス」という見本帳で扱っております。

Img_2136

ちなみに鳥の子色とは鳥の卵の色を指しているので白っぽいベージュという事になります。

もう一つは織物の襖紙で化繊のものが多いですが、

最高峰の「つむぎ」は絹で出来ております。

当店でよく出るのは「新平成」の中茶色です。

Photo_20201104055301

金沢でよく見かける朱壁にマッチする色合いです。

また、化繊と和紙調の中間という糸入りの襖紙もあります。

当店では「春風」「のぞみ」というカタログで取り扱っております。

Photo_20201104055601

紙に細かい糸が張り巡らされており耐久性と質感がアップします。

 

 

また、貼り替えの際には動きにくくなった建付けの調整をさせていただいております。

Photo_20201109050601

家自体の重みや雪の重みで鴨居が下がってきますので、

戸が動かなくなったお部屋が時々あります。

戸のほうを削ると動きやすくなりますのでご相談ください。

それから、金属製の引手はサビが出て来ますので、

交換させていただいております。

Photo_20201109051201

そのまま、ご使用になるとせっかく貼り換えた襖紙にサビが移ってしまいます。

貼り替えの際に是非とも注意したいポイントです。

 

 

さて、「張り替え」「貼り替え」どちらも「はりかえ」ですが、

使い分けていたのにお気づきでした?

畳は引っ張りの力で張るので「張り替え」、

襖はのりで貼りつけるので「貼り替え」と

使い分けておりました。

日本語は難しいですね。

 

 

 

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2021年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック