無料ブログはココログ

« 「しまった。新しい畳にシミが・・・。」 | トップページ | タフトップ VS ハイテック »

2021年3月 1日 (月)

古畳処分について

金沢市地方では2~3日の間、晴天が続きましたので

少し春が近づいたように感じられます。

今月は引っ越しシーズンの為に賃貸住宅の張替えなどが

ピークを迎えると思われます。

 

さて、今日のお題は「古畳処分について」です。

表替えなどの場合には古畳は発生しませんが、

畳床(おもにワラの部分)が柔らかくへたってしまうと

新畳に交換しなければなりません。

そして、これまでお使いになった畳を処分することになります。

これまで金沢市では畳の入替えで発生していた古畳についても

シールを貼って戸別収集で対応していました。

Photo_20210301054701

ところが、昨年ごろから畳の入替えの場合は業者さんに頼んでくださいという

ケースが出て来ました。

元々、畳からフローリングへリフォームする際には適用されて

おりませんでしたので畳から畳へのリフォームも適用外という事で

厳格化されたような格好です。

お客様にとっては比較的に安価で我々にとっても手間が省けて重宝していました。

最後の手段としてはお客様が埋め立て場に直接に持ち込む方法があります。

ただし、畳を積める車両があればです。

軽トラックやステップワゴンなどです。

金沢市では戸室新保埋め立て場が昨年から新しく移転しました。

Photo_20210301055901

古畳に限らず埋め立てゴミを500キロまで1500円で持ち込み

出来る仕組みになっております。

鳴和方面から行くと以前より近くなりましたので行きやすくなりました。

お車があれば是非ご検討ください。

 

 

 

 

« 「しまった。新しい畳にシミが・・・。」 | トップページ | タフトップ VS ハイテック »

2021年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック