無料ブログはココログ

« わんにゃんスマイル畳で表替え | トップページ | 住まいの困りごとあれこれ »

2023年7月 2日 (日)

ダイケン和紙表「銀白100A」の日焼け

昨日は九州地方と北陸で大雨が続き

石川県内でも能登方面で被害があった模様です。

被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

 

雨の被害というと川の氾濫など直接的に

家屋に水が浸入してもたらされるものと

湿気によって間接的にダメージを与えるものがあります。

例えばシロアリは湿気を好み、

湿気を含んだ床板や畳に侵入してきます。

床下など見えにくい部分で進行するので

やっかいな相手でもあります。

今年も畳を喰われた事案が発生していますので

ご注意いただければと思います。

Photo_20230702081101

畳の上からは分かりにくいですが少しでも異変

があれがご相談いただければと思います。

Photo_20230702081601

壁と接しているところが少し黒ずんでいますので

この時点で早めのご相談を願います。

 

さて、お題の「銀白100A」の日焼けについてですが、

いぐさの畳表に比べて日焼けしにくいのが特徴です。

なのですが、全くしないわけではなく少し褪色するので

見てみましょう。

Photo_20230702082201

左側が新品で右側が約20年使用した銀白100Aです。

やはり少し白っぽくなっていると思います。

20年使用すると汚れやキズができてしまいますので

張替え時期としては適齢期だと思います。

ちなみに畳表の裏側も同じように褪色していたので

裏返しも不可能な色合いでした。

Photo_20230702082701

こちらは完成イメージ図です。

新築時にタイムスリップしたような仕上がりに

なりました。

 

 

« わんにゃんスマイル畳で表替え | トップページ | 住まいの困りごとあれこれ »

2024年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック