無料ブログはココログ

« 畳の粉ってどうしてついてるの? | トップページ | 新聞紙と防湿・防虫紙 »

2024年1月31日 (水)

定年退職

令和6年の石川県は地震で始まり

忘れ得ない年になったと思います。

県外の知人・友人からはお見舞いの言葉を

いただき大変心強い思いを抱きました。

また、金沢と比べて甚大な被害を被った

奥能登の被害に遭われた方にお悔やみと

一日も早い復興を願うばかりです。

当店では目下のお仕事は

金沢近郊の貸家やアパートの畳の張替えです。

奥能登の方々に向けて仮住まいのできる

民間の賃貸住宅を提供する準備に

微力ながらお手伝いさせていただいております。

 

そんな日々を過ごしていたところ

一通のハガキが届きました。

元々、このブログのタイトル下のキャプションにあるように

脱サラ畳職人という触れ込みでこの道に進んできました。

それから約25年も過ぎてしまいましたが

その時の上司がその会社を定年退職したという

案内がそのハガキでした。

早速、数年ぶりに電話をしてみると

お元気そうで別の同僚の近況なども

教えてくれました。

そして小学3年生を筆頭に

3人もお孫さんがいるとの事でした。

自分が在籍していたころはお子さんが

小学生だったと記憶して驚いてしまいました。

電話越しのお声が当時のままだったので

あれから25年が経過して自分だけが年を

取っているわけではないのだとつくづく

考えさせられました。

残念ながら当時の営業所は跡形もなく

取り壊されて面影すら残っていません。

ただ、当時の同僚がいてどこかで

会う事ができるので思い出は記憶の中だけに

なりましたが確実に残っていると思います。

 

 

 

« 畳の粉ってどうしてついてるの? | トップページ | 新聞紙と防湿・防虫紙 »

2024年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック